現実の状態を反映できる入力幾何公差設定

CETOL 6σの幾何公差設定は、CAD操作と同様の感覚で、プルダウンから記号を選択しながら簡単に行えます。また入力した幾何公差が正しいか、初心者の方が入力してもエラーメッセージを見ながら修正することで、正しい幾何公差の設定が可能になります。

幾何公差設定ウインドウ

プルダウンメニューからの選択操作で簡単に設定できます。

エラーメッセージによる情報の過不足の確認


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール