現実の状態を反映できる入力Jointによる組立て状態の定義

CETOL 6σでは、部品間の拘束条件を Joint により定義します。
JointはCETOL 6σ上で独自に定義するため、CADデータのアセンブリ拘束の条件には依存しません。その為、自由な発想で、組立方法や組立順序の検討を行うことが可能です。また、拘束不足は「DOF不足成分の表示」機能によって、CAD上とリストの両方で確認できます。

Joint定義

自由度の変更は、GUI上で簡単に変更できます。

拘束不足の確認

自由度(DOF)の拘束不足をCAD上とリストで確認できます。

過剰拘束自由度の自動削除

CETOL 6σモデルにジョイントを追加する際、過剰拘束となる自由度の拘束を自動的に削除します。 (CETOL 6σ Ver.8.4新機能)


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール