〜現象を「見える化」して品質向上&コスト削減〜医薬品/食品/包装のシミュレーション&最適化セミナー

さらなる安全性への要求、超高齢化社会への対応、激化する国際競争・・・
様々な難題に直面する医薬品・食品業界。そうした中、注目を集めつつあるのがコンピュータによるシミュレーションや最適化技術です。 攪拌や粉体粒子の流動、粉体の圧縮成形、プラスチック成形、容器の落下など、複雑な現象を「見える化」するこれらの技術は、すでに自動車やエレクトロニクスなどの幅広い分野に定着し、実績をあげてきました。
今後は医薬品や食品業界でも普及が進むと予想されます。

本セミナーでは、関連業界に携わる方を対象に、シミューションや最適化の活用事例をご紹介します。
錠剤開発にこれらの技術を取り入れ、成果をあげておられるアサヒグループホールディングス株式会社 佐藤英明様を講師にお招きするほか、業界に関連の深い事例を、デモンストレーションを交えてご紹介します。

お忙しいことと存じますが、今後の製品開発の参考になれば幸甚です。
ぜひご参加くださいますようお願いいたします。

お申し込み受付は終了いたしました。

開催概要

開催会場 東京会場 大阪会場
開催日程 2012年1月26日(木)
13:00〜17:20
(受付開始: 12:30〜)
2012年1月31日(火)
13:00〜17:20
(受付開始: 12:30〜)
開催場所
※変更しました(1/16)
秋葉原富士ソフトビル
7F アキバプラザ プレゼンルーム
地図
TKP大阪本町ビジネスセンター
5F カンファレンスルーム5C
参加費 無料
主催 サイバネットシステム株式会社

アジェンダ

13:00〜13:10 ご挨拶
サイバネットシステム株式会社
13:10〜14:10 シミュレーションおよび最適化ツールを活用した錠剤設計
アサヒビール株式会社 容器包装研究所 容器包装開発部 兼務
アサヒグループホールディングス株式会社 食の基盤技術研究所 食品機能解析部
佐藤 英明 様
サプリメントの開発においては、嚥下性(飲み込みやすさ)の向上が重要な課題です。そこで当社では、シミュレーションツールや最適化ツールを活用し、嚥下性に優れた錠剤形状をより科学的に解明しようという研究を続けています。その研究内容の中から本講演では以下について発表します。
  • CAE導入のメリットと課題
  • 嚥下性マップの作成: 最適化ツールを用いた「嚥下性」と「錠剤形状」の関係の解明
  • 錠剤の硬度予測シミュレーション
  • 打錠杵の耐圧性予測シミュレーション
14:10〜14:20 休憩
14:20〜15:40 現象を「見える化」するためのコンピュータシミュレーション技術
サイバネットシステム株式会社

シミュレーションの利点の1つは、実験では解明しきれない現象を、画像や数値などで「見える化」する点です。ここでは、世界的に実績豊富なシミュレーションツール「ANSYS」を用いた様々な解析事例をご紹介します。
  • 錠剤の落下挙動シミュレーション
  • 粉体圧縮成形シミュレーション
  • 粉体粒子の流動シミュレーション
  • 攪拌槽/気泡塔の流動シミュレーション
15:40〜15:50 休憩
15:50〜16:30 プラスチック製品の成形プロセス解析と落下衝撃解析との連携事例
サイバネットシステム株式会社

プラスチック製品の成形履歴は、その機械的性能に大きな影響を与えます。このため設計時の形状で強度を検討しても、実成形品の強度を予測したことにはなりません。

本セッションでは、ブロー成形シミュレーションが可能な「SIMBLOW」を使ってPETボトルの肉厚分布を予測し、その結果をもとに「ANSYS LS-DYNA」を用いて落下衝突シミュレーションを行う事例をご紹介します。
16:30〜17:10 医薬品・食品業界における最適化ツールOptimusの適用効果のご紹介
サイバネットシステム株式会社
最適化ツールとは、実験計画法や最適化アルゴリズムを用いて、「実験データのより深い分析」や「解析業務の自動化・効率化」を実現するツールです。例えば、Excel上の実験データを利用して応答曲面を作成し、設計空間全体の傾向を把握したり、結果に最も影響を与えやすい因子を検出することもできます。本セッションでは、最適化ツール「Optimus」の有効な活用方法や、その効果をご紹介します。

関連情報

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ