ANSYS-MATLAB連成セミナー〜構造と制御の連成によるスマート構造システムへの展開〜

近年、モデル規模の拡大に伴って、構造物に制御系を組み込むスマート構造システムが注目されてきています。スマート構造システムとは、構造物とセンサやアクチュエータを一体化(貼り付け、埋め込み)させ、構造自体の温度分布、また、欠陥の発見や治癒、振動抑制、最適形状への変化などの知的行為を行う構造物のことです。

ANSYSは大規模モデルの構造設計に対応しやすく、一方、MATLAB/Simulinkは、独自のプログラム言語により非常に直感的にプログラムを作成することができ、制御設計のデファクトスタンダードとなっています。このようなANSYSとMATLABの両者のメリットを生かした利用をすることで、このスマート構造システム構築のニーズが高まっています。

本セミナーでは、ANSYSとMATLABのそれぞれの特徴、振動制御分野、熱系の連成制御解析に必要な理論を説明し、さまざま連成手法(ANSYS-MATLAB双方向連成、一方向連成、ANSYS-Simulink連成)について、その連成に適した実例、振動制御の解析事例(スマートボードなど)、熱系連成制御事例を紹介いたします。多くの皆様のご出席を心よりお待ちしております。

開催概要

概要 東京
開催日程 2008年1月11日(金)
13:30〜17:30
開催場所 弊社 東京本社 セミナールーム[ 地図 ]
受講料 31,500円(税込み)
定員 18名
講師 サイバネットシステム株式会社エンジニアリングサービス室

カリキュラム

時間 内容
13:30〜15:00

ANSYS, MATLAB製品の解析環境、適用分野のご紹介、および振動連成に関する理論

  • モーダル解析及び実施をする方法
  • 状態空間モデル(モーダル状態空間モデル)
  • 制御理論(LQ,Hinf)

ANSYS-MATLAB連成手法の考察、および解析事例

  • ANSYS-MATLAB:双方向連成、一方方向連成、市販SDToolboxによる連成
15:00〜15:15 休憩
15:15〜17:30

ANSYS-MATLAB連成解析事例のご紹介、例題実習

  • 事例 : スマート構造振動制御、高層ビル振動制御、橋梁振動制御
  • ANSYS-Simulink双方向連成:熱系制御事例

※上記の内容は若干変更される可能性がありますので、御了承ください。

※お申し込みはお一人様につき一回行って下さい。
定員に達し次第締め切らせていただきますので、お申し込みはお早めにお願いいたします。

本セミナーのお申し込み受付は終了いたしました。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ