プリント基板 EMC・ノイズ解析 体験セミナー〜SI・PI・EMI を包括的に解析できる「ANSYS SIwave」を無料体験〜


PCI Express, DDR, SATA, HDMIなどギガビットクラスの高速伝送の回路設計において、シグナル・インテグリティ(SI)や電磁妨害(EMI)を始めとしたノイズ対策、パワー・インテグリティ(PI)を考慮した設計が不可欠です。これらの問題は相互に関係しているため、すべての問題を包括的に解析できるシミュレーションソフトが効果を発揮します。

本セミナーでは SI・PI・EMI を包括的に解析できる ANSYS社の電磁界シミュレータ ANSYS SIwave を用いて各ノイズ問題の現象確認、シミュレーションを実習形式にてご体験頂けます。

また、これから解析を始められる方を対象に「高速デジタル基板ノイズの基礎」と題し解析を実行するのに必要なSI,PI,EMIの基本的な考え方をお伝えいたします。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

開催場所 東京会場 大阪会場 名古屋
開催会場 弊社 東京本社
セミナールーム 地図
弊社 西日本支社
セミナールーム 地図
弊社 中部支社
セミナールーム 地図
定員 10名
※最低開催人数 5名
8名 8名
時間 13:30〜17:00(受付開始:開講30分前)
対象 ・プリント基板のノイズの解析を検討されている方
・プリント基板のノイズ対策でお困りの方
・電界・磁界分布を可視化しノイズ源、伝搬経路の検証をしたい方
・動作周波数に対する駆動能力やマージンを把握したい方
・バイパスコンデンサの削減・最適化検討をしたい方

※ANSYS SIwaveを新規で導入検討されている企業様を対象とした紹介・体験セミナーです。
既に社内にてご導入・ご利用頂いているお客様、ならびに官公庁・教育機関の方はご遠慮頂けます様お願いいたします。
受講料 無料(事前登録制)

アジェンダ

高速デジタル基板ノイズの基礎

  • PCBシステム設計における問題点とノイズの基礎
    • PCBシステム設計で問題となるノイズは層構成や材料、信号線や電源のインピーダンスと言った様々な要素が複合的に作用しています。 このセッションでは、それらノイズの要因についてシグナル・インテグリティ(SI)電磁放射(EMI)、パワー・インテグリティ(PI)それぞれの分野に分けて解説いたします。

ANSYS SIwave 製品紹介

  • ANSYS SIwave とは
  • 解析機能の紹介
    • DC電流・電圧解析
    • プレーン共振
    • 周波数スイープ
    • SYZパラメータ解析
    • 波形解析(アイパターン、タイミング、オーバーシュート、リンギング)
    • バイパスコンデンサの最適化
    • 近傍電磁界
    • 遠方電磁界

ANSYS SIwave 製品体験

  • 基本操作
  • 周波数スイープ解析
    ICの動作時を想定し、PCB上に配置した励振源の影響で発生する電源プレーンとGNDプレーン間の電位差を確認します。あらかじめ電位差を抑えることでEMIの対策に有効です。
  • パイパスコンデンサ最適化解析
    任意の電源プレーンに対して、接続する各コンデンサが電源プレーンのインピーダンスにどの程度影響するかを数値化して確認します。影響度が小さいと効果が低いと判断でき、コンデンサの削減検討に有効です。
  • 回路図自動生成機能を活用したパラレルバスの波形解析
    任意の信号ラインにIBISモデル、入力パルス等を設定することにより回路シミュレーション(過渡解析)を自動で実行します。バスラインにランダムパルスを入力し、クロストークを考慮した波形を確認します。
  • 近傍・遠方電磁界解析
    ICの動作時を想定し、PCB上に配置した励振源の影響で発生する、遠方の電界強度スペクトラムと近傍の電磁界分布を確認します。基板設計段階でEMIの対策案を検討することができ、実機検討の工数削減に貢献します。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ