関連書籍のご案内

ANSYS工学解析入門 −有限要素法ソフト− (第2版)

有限要素法解析ソフト ANSYS 工学解析入門 第2版

著者
CAD/CAE研究会編(主査:東京理科大学教授 吉本成香)

出版社
オーム社

ANSYSを使って様々な工学的問題を解くための、入門的操作マニュアルです。本書では、ANSYSの操作手順だけでなく、解法の理論も学べるように実際に使われる有限要素式を分野別に解説しているほか、実験と比較することで、解析結果の評価を的確に行う能力を身につけられるようになっています。大学・高専などの実践的な教科書として、また企業などでの実務・研修用テキストとして、ぜひご利用下さい。

詳細・ご購入方法など

Engineering Analysis with ANSYS Software(ペーパーバック)

Engineering Analysis with ANSYS Software(ペーパーバック)

著者
Y. Nakasone、S. Yoshimoto、T. A. Stolarski

出版社
Butterworth-Heinemann

ANSYS工学解析入門の英語版です。

ご購入サイト

機械強度設計のためのCAE入門

機械強度設計のためのCAE入門

著者
栗山 好夫 / 笹川宏之

出版社
東京電機大学出版局 (ISBN978-4-501-41760-4)

近年、使い易い操作環境の中で高度な各種解析が実行でき、設計業務への導入にも効率化が図れるCAEが普及してきました。しかし、このようなツールを有効活用するためには、機械工学の基礎を理解した上で取り組むことが重要です。
本書では、CAEのための機械強度設計法について、初心者から中堅技術者までを対象にして、材料力学、有限要素法、実験解析および強度保証の基礎について、演習問題も交えながらまとめあげた実用的な1冊となっています。

なお、本書は、2005年に出版した“初心者のためのCAEによる機械強度設計”の改訂版です。今回の改訂では全体の章立てを変更し、各章とも加筆、修正を行い演習問題を追加しました。

書籍紹介サイト

明日のものづくり −CAEによる新しい文化の創造−

有限要素法解析ソフト ANSYS 工学解析入門 第2版

著者
サイバネットシステム株式会社

出版社
日経BP社 (ISBN 4-8222-1876-7)

弊社創業20周年を迎えるにあたり、CAE専門会社としての豊富な事業経験をもとに、ものづくりにたずさわる多くの方々に「CAEをキーワードにしたものづくり」の事例をご紹介していきたいと考え、本書籍を出版いたしました。
本書では、米国の工学教育・研究の第一線でご活躍されているミシガン大学 菊地昇教授による「ものづくり日本の将来とCAEの役割」から始まります。また特別インタビューとしまして、東京工業大学松澤昭教授に「CAEによるものづくり、人づくり」をテーマに語っていただきます。第3章「CAEを活用する人達」では、アイシン精機、オリンパス、カヤバ工業、セイコーエプソン、昭和オプトロニクス、日東紡績、藤井光学、日立製作所、マツダといった日本の製造業のトップを走る企業の、ものづくりにかける熱意やCAE活用のためのノウハウが満載です。また第4章「CAEを支援する人達」では、教育機関や企業での「ひとづくり」、つまり技術者教育、人材育成に情熱を燃やす人々の特集が、更に第6章では、トップ企業による「CAEの将来」というテーマの座談会を収録しています。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ