ANSYS Additive Print/Additive Suite

製品概要

これまで鋳造や切削では造形が難しかった、インフィル構造など複雑な形状の造形を実現した、金属Additive Maufacturing(AM=3Dプリント)。日本でも、航空機業界、自動車業界、医療業界を中心に導入が進んでいます。

しかしその一方で、造形時間の長さ、高価な材料コスト、大量生産に向かないといったいくつかの課題も抱えています。 そこで注目されているのが、金属AMのプロセスでコストダウンと納期短縮を実現するためのシミュレーションによる事前検証です。

ANSYS Additive Print/Additive Suiteは、業界での長い経験を持ち、現場のニーズをよく理解している金属AMのエキスパート集団によって開発されました。シミュレーションの過程を経ることで、金属AMプロセスにおける従来のトライ&エラーを大きく削減し、コストダウンと納期短縮に貢献。最初の1回で、最適な形状の金属パーツを造形することすら可能です。 設計者オペレータ向けのANSYS Additive Printと、エンジニア/研究者向けのANSYS Additive Suiteの2種類の製品を提供いたします。

特長

  • 積層ごとの応力や変形、サポート材除去後の変形、熱処理による熱歪み形状の予測、プレート上の造形物の残留応力などをシミュレーションします。
  • 装置のメーカーごとに異なるスキャンパターンを読み込み、熱挙動を把握して、ひずみ、欠陥の分布などの予測が可能になります。
  • トポロジー最適化、パーツ検証、構築セットアップ、支持材生成、構築失敗の防止、金属AMのプロセスチェーン全体を検討することが可能です。

機能のご紹介

  • 固有ひずみによるひずみ予測機能
  • 造形後の残留応力解析
  • サポート材取り外し後の変形解析
  • 各層の応力計算
  • 変形補正STLファイル出力機能
  • サポート材形状最適化機能
  • ブレード破損予測機能
  • 高歪み領域算出機能
  • Workbenchによる伝熱―構造連成プロセスシミュレーション

解析例

金属フィルターの形状最適化

パーツにひずみが生じる特定の箇所にANSYS Additive Printを使用した例です。実際のプリント時には、上部付近でフィルターが隆起しています。この隆起はANSYS Additive Printのシミュレーションで予測されました。歪み補正済みのSTLファイルが自動生成され、金属3Dプリンターにフィードバックして再度プリントすることで、正しい形状になりました。

関連情報

ANSYSのビジョン:Additive Manufacturingにおけるシミュレーション主導の製品開発 (ホワイトペーパー)

関連セミナー

〜金属3Dプリンターの専門家がここに集結〜「Additive Manufacturingのためのシミュレーション活用セミナー」

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ