CAE用語辞典 Sパラメータ (えすぱらめーた) 【 英訳: S parameter 】

各ポート(電力の出入り口)から出入りする電磁波の比率を数値化したもので、高周波の回路や電子部品の特性を表すために使用されます。
散乱パラメータ、散乱行列とも呼ばれ、複素数で表現します。
2端子回路網では下記のように定義されます。

これをマトリクスで表現すると、以下のようになります。

このマトリクスを展開すると、次式が得られます。

a1またはa2を0としてこの式を計算すると、下記の結果が得られます。

ここで、

  • a1:ポート1から入力される信号
  • b1:ポート1から出力される信号
  • a2:ポート2から入力される信号
  • b2:ポート2から出力される信号
  • S11:ポート1から入力した信号がポート1へ反射する割合
  • S12:ポート2から入力した信号がポート1へ透過する割合
  • S22:ポート2から入力した信号がポート2へ反射する割合
  • S12:ポート2から入力した信号がポート1へ透過する割合

一般的に使用される単位

  • dB(デシベル)

CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ