CAE用語辞典真ひずみ (しんひずみ) 【 英訳: true strain 】

真ひずみとは、一般に非線形解析(大ひずみ解析)で利用されるひずみで、1次元問題では以下のように表されます。

対数の形で表されることから、対数ひずみ( logarithmic strain )とも呼ばれます。

非線形解析で真ひずみを利用するのは、加算性が成り立つと便利なためです。
1次元問題で加算性がどのようになっているかを確認してみます。

まず、公称ひずみ(工学ひずみ)を利用した場合は、以下のようになり加算性が成り立たないことが分かります。

真ひずみ(対数ひずみ)を利用した場合は、以下のようになり加算性が成り立つことが分かります。

一般的に使用される単位

  • 無次元量のため単位はありません。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは大変形効果をONとすると、真ひずみで結果が出力されます。

関連用語

せん断ひずみ公称ひずみ公称応力真応力垂直ひずみ


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ