CAE用語辞典 音響インピーダンス (おんきょういんぴーだんす) 【 英訳: acoustic impedance 】

音響インピーダンスとは、(ANSYSにおける定義は)音圧Pを体積速度Svで割った値です。粒子速度vと音圧pの関係性を示す数値です。
音響インピーダンスZは音における抵抗値といえます。

ANSYSでは選択した面の表面の音響インピーダンス結果を表示できます。

単位面積あたりの音響インピーダンスを、比音響インピーダンスといいます。

ANSYSでは、比音響インピーダンスを境界条件として定義できます。

一般的に使用される単位

  • SI単位ではPa·s/m3(パスカル秒毎立方メートル)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは音響インピーダンスをAIMPと略して表記することがあります。
  • また、比音響インピーダンスをIMPDと略して表記することがあります。

関連用語

比音響インピーダンス音圧音響粒子速度


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ