CAE用語辞典 平面ひずみ (へいめんひずみ) 【 英訳: plane strain 】

平面ひずみとは、一様断面を持ち、幅および高さに対して厚みがはるかに大きい(非常に長い)構造物の任意断面を、二次元モデルで解析する手法です。三次元モデルに比べて計算コストを大幅に低減できます。

平面ひずみ解析で使用する要素は、一般に平面ひずみ要素と呼ばれます。
厚みをZ方向にとり、モデルはXY平面内に作成します。Z方向の長さは無限と仮定されます。構造解析ではZ方向のひずみはゼロ、応力は非ゼロになります。

平面ひずみの利用例
平面ひずみの利用例

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは平面ひずみ要素に対応しています。

関連用語

平面応力軸対称一般化平面ひずみ


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ