CAE用語辞典大質量法 (だいしつりょうほう) 【 英訳: large mass method (略してLMMと表記されることがあります) 】

大質量法とは、周波数応答解析や時刻歴応答解析で、基部加振位置にダイレクトに加速度を定義するために使われる手法です。ラージマス法とも呼ばれます。
かつては、加振位置にダイレクトに加速度を設定できなかったため、よく使用されていました。

大質量法では、加振位置に構造の全質量mに対して大きな質量Mを結合してモデル化します。
そして、加振方向の自由度はフリーとし、大質量と同じ大きさの力Fを加えるとF=Ma より加速度a で加振されます。

加振位置に大きな質量を結合するのは、加振すると構造物が振動し、その影響が加振点へフィードバックされ加振力へ影響を与えてしまうのを避けるためです。

現在では、加振位置に直接加速度を定義する強制運動法という手法が利用されます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは大質量法および強制運動法の解析に対応しています。

関連用語

強制運動法


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ