ANSYS Workbenchのリモート点機能のご紹介

Ver12.0からリモート点という機能が追加されました。リモート点とは、スコープしたジオメトリの挙動をユーザーが指定する“点”でコントロールするための機能です。
リモート点は力をスコープしたジオメトリに分配したり、ジオメトリの力をリモート点に集約することができるので、スコープした部分の挙動を制御することが容易になります。

また、リモート点は質点やジョイント、リモート変位/力、モーメントのベースとしても使用することができます。
本機能と同等の設定はMechanical APDLではMPC接触の“力の分配面”や“剛体面拘束”と呼ばれ、従来から用いられていた手法です。
この手法がWorkbench Mechanicalの使いやすい操作環境によって利用できるようになり、対応可能な解析内容の幅も広がりました。
そこで、ここではリモート点を利用した解析事例をいくつかご紹介いたします。

 

続きは、CAEのあるものづくり 14号に掲載しています。


当社発行誌「CAEのあるものづくり」は、CAE技術者の方や、これから解析を行ないたい設計者の方を対象としたWEBマガジンです。年2回(春、秋)発行し、ANSYSシリーズを始めとした各種CAE製品紹介はもちろん、お客様の解析事例紹介やインタビュー記事、解析のテクニックなど、スキル向上に役立つ情報をご提供しています。
詳しくは、WEBマガジン「CAEのあるものづくり」をご覧ください。

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ