ANSYS特集 流体解析の効率化テクニック
〜 ANSYS Workbenchを用いたパラメータスタディ〜

設計の前段階(構想段階)からCAEを活用し、その知見を設計に生かす利用方法も最近は増加傾向にあります。『企画CAE』と呼ばれるこの手法の目的は設計に必要となる理論検証であり、考慮するパラメータの数は多くなりますが、一つ一つの精度は優先的ではありません。『企画CAE』にて重視されるのは、簡便な操作で多数のパラメータを短時間に計算することであり、いわばシステマチックなCAEの活用方法と言えます。
今回は流体解析を例に、ANSYSソフトウェアの統合プラットフォームであるANSYS Workbench上でパラメータスタディを効率的に行う方法をご案内致します。

1. はじめに
2. ANSYS Workbenchを用いたパラメータスタディ
3. 流体解析におけるパラメータスタディのメリット
4. パラメータスタディの手順
5. おわりに

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ