製品紹介 ANSYSを用いた複合材料の強度予測手法 〜材料設計から製品設計まで〜

かつては主に天然繊維が用いられてきた複合材料は、より特性の優れた炭素繊維やガラス繊維などの登場によって、広く様々な産業分野へと応用されるようになりました。とりわけ、炭素繊維と樹脂からなる複合材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP=Carbon Fiber Reinforced Plastics)は、炭素の軽く丈夫であるという特徴を生かして、軽量化が必須課題である航空機への貢献がめざましく、さらに近年では燃費向上を目的とした軽量化のために、自動車業界への適用も積極的に進められています。

このように産業界で非常に注目されている複合材料ですが、シミュレーションに関する実績は、金属と比べると圧倒的に少ないのが現状です。本稿では、複合材料解析における有限要素法シミュレーションソフトの問題点と、それらを解決するための新しいソリューションについて紹介いたします。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ