解析事例 CAEを有効活用するための逆解析のススメ

製造業の会社でCAEソフトの年額費用は無視できるレベルではない。投資に対する見返りを果たすためには、
1. CAEソフトからのモデルの解で現実の問題をある程度予測できる事。(モデル品質の向上)
2. CAEソフトのモデル簡略化で計算時間を短縮させ、多くの評価マトリックスを短時間で解き、最適設計できる事。(モデル効率性の向上)
が求められる。しかし、モデル品質の向上とモデル効率性の向上は相反する事になる。この問題を解決する手段の一つに逆解析の手法がある。

日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 雨海 正純 様

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ