ANSYS特集 ANSYS Mechanical APDL(旧Classic)ユーザ様のためのWorkbench活用術

近年のANSYS Workbench環境は、Mechanical APDL環境(旧Classic。以下、MAPDL環境)環境に匹敵する程、機能が豊富に揃ってきました。特に「直感的な操作性」「CADとの親和性」「アセンブリモデルの取扱い(自動接触機能)」「メッシングのロバスト性」「パラメトリック解析や最適化解析」といった業務の効率化に直結する機能では、Workbench環境の方が優位性が高いと言えます。

そこで本稿では、ANSYS Workbench環境とMAPDL環境の双方の利点を活かしながら、より効率的な解析を行なうための方法をご紹介します。また、本稿の別章にて、Workbench環境の活用例として接触解析のテクニックをご紹介しています。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ