生産技術向けのANSYS解析事例

製造拠点のグローバル化・開発期間の短縮に伴い、垂直立上げの確実な実現が必須となっています。そのためには、サイマル活動をはじめとした、コンカレントな取組みが必須となります。特に、生産技術(工作機械設計・金型設計を含む)がCAEを以下の例の様により積極的に関与・活用することで、立上がり時の品質に大きな影響をもたらします。

  • 設計・開発段階のCAEにおいて、製造現場のデータを入力情報に反映
  • 生産技術での検討業務(早期段階)におけるCAEの活用

サイバネットシステムは、幅広い分野において実績を誇るCAEソリューションを通じて、生産技術分野におけるCAEの積極活用を支援します。

解析事例

ユーザー会の発表事例をダウンロードする

セミナー講演資料(ご請求/ダウンロード)

生産技術のためのCAE活用セミナー
〜半導体接合編(パワー半導体、はんだ、超音波接合、樹脂モールドなど)〜

ユーザインタビュー

ユーザインタビュー(生産技術)

ANSYS情報誌

  • グローバル企業で加速している製品開発
    最大50%のサイクルタイム圧縮を目標に掲げるHoneywell Aerospace社は、提唱したVelocity Product Development(VPD)に てエンジニアリングシミュレーションを活用することで、遅延を解消しつつもコストを低下させ、高品質規格の維持を目指した、革新的な設計に対 応
  • ブレーキを変える曲げ加工
    動的シミュレーションによって自動車ブレーキペダルの設計および製造コストを削減
  • 技から科学に変わったガラス製造
    ガラス窯モデルの支援を受けてバッチの遷移時間を改善しつつ、製品の欠陥を削減

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ