回路・システム解析サージ波形対策 スナバ回路最適化事例

  • 配線経路(基板やバスバー)を考慮して回路の動作検証を実施したい。
  • 配線経路の寄生パラメータによるサージ波形の対策を事前に盛り込みたい。
  • セットの小型化のためスナバ回路の実装面積を縮小したい。

IGBTなどパワーデバイスのスイッチング周波数の高速化が進む昨今、多くの機器で伝導ノイズによるEMIが問題となっています。伝導ノイズは、基板配線・バスバーなどの寄生パラメータ(RLGC成分)の影響により発生するサージ波形が要因となるケース多く、定格電圧を超えるようなサージ波形はデバイス破損にも直結します。多くの場合、このサージ波形の対策としてスナバ回路が使用されます。

この事例では以下のステップで解析を行い、スナバ回路の最適化検証を実施します。

Step1 : 回路図レベルのスイッチング波形の確認
Step2 : 配線経路(バスバー)の寄生パラメータを含めた回路の解析
Step3 : スナバ回路の検討

解析モデルと解析結果

解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ