CAEとは

CAEとは

CAEとは「Computer Aided Engineering」の略称であり、「ものづくり」における研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験のかわりに、コンピュータ上の試作品を用いてシミュレーションし分析する技術のことです。

設計の早い段階でCAEを導入すれば、手戻りを削減し、試作や実験の回数を劇的に減らすことができます。また、様々な問題を「多方面から」「もれなく」検証できるため、製品の信頼性向上にも貢献します。さらに実験回数を最低限に抑えることで、実験で生じる廃棄物を削減することも可能です。

ここでは、CAEが「ものづくり」の中でどのような役割を担っているのか、またシミュレーションから生み出される価値についてご説明します。

CAEの役割とメリット

CAEの役割とメリット

現在、さまざまなものづくりの現場でCAEはその実用性や経済性が認められています。
従来は研究や開発時にテストや実験を繰り返すことで情報の積み重ねが行われてきました。CAEとはその実験やテストをコンピュター上でシミュレーションし、分析することで試作や実験回数を減らしさまざまな問題をもれなく多方向に渡って予想し解決することができる技術です。

CAEの役割とメリット

CAEが生み出す価値

CAEが生み出す価値

CAEを使ったシミュレーションによって、さまざまな発見をすることが可能となります。「シミュレーションにより、実験しなくても分かった。」「シミュレーションしたからこそ分かった。」「シミュレーションにより。思いもしないことが分かった。」という価値のあるシミュレーションが重要であり、魅力でもあります。

CAEが生み出す価値

CAEは環境にやさしい

CAEは環境にやさしい

CAEを使ったシミュレーションによって、ものづくりの現場では「環境保全」・「省資源」・「再資源」・「長寿命」・「省エネルギー」などの環境に配慮した製品開発が可能となります。

CAEは環境にやさしい

導入効果についてサイバネットが提供する価値

ページトップへ