Setfos4.4 リリース情報

リリース時期:2016年9月

Drift-Diffusion

  • エネルギーバンドダイアグラムの出力(sweepが無い場合)
  • IMPS(強度変調光電流分光測定)のシミュレーション(サンプルファイル:SolarCell-IMPS.par)
  • 新しく、implicit Runge Kuttaソルバが搭載されました。今まで在った Implicit Solverは、Implicit Eulerという名前になりました。
  • implicit solverに対して適用するtime stepが導入されました。
  • 電気的ドーピングの密度分布をインポートできます。(サンプルファイル:fullPerovskite-iv.par)

Light-Scattering

  • 境界面のHazeの計算・出力
  • 薄膜コーティングされた境界面(コンフォーマルコーティング)での散乱を扱えるようになりました。(サンプルファイル:Tandem-pero-si-rear-texture.par)
  • 0°入射の透過散乱データから、完全なBSDFを見積もることができるようになりました。(サンプルファイル:Scattering-OLED-ImportTransmission.par)
  • 定義済み形状の新しいタイプとしての円柱形状

Passive optics

  • 新しい解析的分散モデル:Drude
  • 複数の解析分散モデルの組み合わせも可能
  • エリプソメトリ測定からnkを得る方法の例 (サンプルファイル:Alq3-find-d-nk-Ellipsometry-Spectral.par)

Absorption

  • 太陽電池材質の内部量子効率(IQE)が設定できます(一定値あるいは波長依存)。(サンプルファイル:Tandem-perovskite-silicon.par)
  • 光源の拡散設定(Scattringモジュールが必要) (サンプルファイル:polymer-OPV-Diffuse.par)

Emission

  • 複数のインコヒーレント層を含めたScatteringと組み合わせて、モード解析が実行できるようになりました(サンプルファイル:Scattering-OLED-Mode.par)