Setfos4.2 リリース情報

リリース時期:2015年8月

Light-Scatteringモジュール

  • 粗面のAFMデータをインポートして、境界面のBSDF(双方向散乱分布関数:Bidirectional Scattering Distribution Function)を自動で計算します。
    • 波動光学と幾何光学の両方で使用します
  • ランダム面生成機能を使用しての粗面の生成
  • 散乱境界に対する新しい解析モデル(BeckmannとPhongのモデル)の導入
  • 散乱の可視化(emissionモジュール+scattering)
    • 粗面に対する透過と反射の3次元可視化(インポートした粗面に対して利用可能)
    • 散乱測定値との比較のための、層構造への垂直入射での透過放射強度の可視化(全ての散乱モデルに対して利用可能)

Drift-Diffusionモジュール

  • 第1世代の移動度モデルに対して、Shockley Read Hall(SRH)トラッピングと再結合モデルの実装
    • 定常状態、過渡、インピーダンス分光にて利用可能
  • 三重項-三重項から、一重項が生成される過程
  • 三重項とポーラロンの消光過程
  • TADF材質のシミュレーションにおける、エネルギーに依存する転送レート

Drift-Diffusion+Emissionモジュール

  • 過渡シミュレーションでの新しい出力形式:
    • 過渡シミュレーションでの、発光スペクトルの時間変化
    • 輝度の時間変化
    • 放出光子数の時間変化

GUI

  • 粗面をインポートするための新しいエディタ

その他

  • Sweepオプションが拡張されるとともに、キーワード'Log'の位置も変更されました