Advanced-opticsモジュール:光の散乱の影響や非等方性材質の解析

SolarCellやOLEDでの効率を上げるためには、光の散乱を利用することが有効です。このAdvanced-opticsモジュールでは、解析的な方法(ランバーシアンやPhong指数)や散乱の数値データ(BSDFデータ)により光の散乱をモデル化することで、EmissionモジュールやAbsorptionモジュールと組み合わせ、散乱による影響や効果を解析できます。


Glass層とPlanarization層の間に設定されている、散乱設定用のInterface

境界面が平坦な場合と散乱がある場合での放射輝度の比較

INPUT

  • 膜構造(膜厚と複素屈折率)など、EmissionモジュールやAbsorptionモジュールと同様
  • 散乱角度のサンプリング数
  • 散乱タイプ(ランバーシアン、Phongモデル、BSDFデータなど)

OUTPUT

  • 発光スペクトル
  • デバイス内部の光強度分布

など、EmissionモジュールやAbsorptionモジュールと同様