Ansys Speosによるディスプレイ解析

近年のディスプレイに求められる要素

近年のディスプレイに求められる要素は、高輝度や高コントラスト比、色の再現性といった従来の性能だけでなく、フレキシブルな形状や空間との調和など、高度化しています。このような要求の実現には多くの手間と時間とコストを要すため、設計に用いる照明解析ツールにも目的に沿った機能を有することが求められます。 Ansys Speos なら、ディスプレイ設計に役立つ機能が多数搭載されており、開発期間の短縮と性能向上につながります。

Speosのディスプレイ解析における強み

3次元光学解析ソフトウェアSpeosの機能群は、以下の要素をすべて満たすディスプレイの設計解析を支援します。

・正確な形状、物性値のディスプレイの円滑なモデリング
・最小限の試行錯誤でのバックライトユニットの面発光均一化
・人間の目の効果をも忠実に再現した、外部環境光下での見栄え解析

本事例では、このようなSpeosの特長をスマートフォンのディスプレイや自動車用曲面ディスプレイに適用した具体例をご紹介しております。


スマートフォンの反射防止コーティングの効果確認例。
左:コーティングなし 右:コーティングあり


曲面ディスプレイの見栄え解析

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • ディスプレイの設計開発に関わる方
  • 製品のリアルな見栄えの確認にご関心のある方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関する、おすすめ事例

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ