Mapleトップページ
製品・サービス

保守サービス内容

Maplesoft 社製品は特に指定がない限り、1度ご購入頂ければ期限なくお使い頂ける永久ライセンスであり、末永くお使い頂くことができます。また保守契約をご契約頂ければ常に最新のバージョンでお使い頂け、買い換えの必要がありません。

一方、保守契約がない場合は古いバージョンをずっとお使い頂くこととなり、OSの変更やそれに伴うセキュリティ強化に対応できないなど、PCセキュリティの観点からも望ましくありません。永久ライセンスをご利用の場合には、継続的な保守加入を強くお勧めします。

保守サービス内容については以下をご確認ください。

※Maplesoft社製品ご購入時のライセンス価格には、導入後12ヶ月間の保守サービス料金が含まれています(ハイスクールライセンス、スチューデントライセンスを除く)。

最新バージョンの無償提供

保守契約期間内に新バージョンが出荷された場合は、無償で最新バージョンをご提供いたします。なお、無償バージョンアップ製品は、お届けまでにお時間をいただく場合もありますので、何卒ご了承ください。

テクニカルサポート

保守サービスの契約期間中は、メール・電話・FAXによるテクニカルサポートを受けることができます。テクニカルサポートの詳細については、テクニカルサポートページをご覧ください。
テクニカルサポートページへ

オプション製品の購入権

保守サービスの契約期間中は、オプション製品を追加する場合は、既存ライセンスのソフトウェア保守サービスが有効期間中であることが前提となりますのでご注意ください。また、既存製品のライセンス追加やライセンス形態変更も契約期間中のみ有効です。

導入後13ヶ月目以降の保守サービス更新について

導入後13ヶ月目以降は、年間保守更新料金にて保守サービスを更新することができます。
既存の保守サービスの契約終了の60日前に、弊社より「Maplesoft製品年間保守更新のお知らせ」を郵送にてご案内しています。内容をご確認の上、お手続きください。
なお、保守サービスの契約終了日を過ぎてから、契約更新を希望される場合には、別途、「保守再加入料金」を含む更新手続きが必要となりますので、ご注意ください。

保守サービス更新時の納品形態について

「保守期間証明書」の納品となります。

保守サービス契約書

Maplesoft製品の保守サービスの詳細は、以下のMaplesoft保守サービス契約書をご参照ください。

Maplesoft 保守サービス契約書



お問い合わせ Maplesoft 製品お問い合わせ先変更のお知らせ

モデルベース開発

夏季休業のお知らせ:休業期間 8月7日(金)〜8月16日(日)、業務再開日:8月17日(月)