CATIA V5統合自動車用照明設計ソフトウェア LucidShape CAA V5 Based

LucidShape CAA V5 Based とは

LucidShape CAA V5 Basedは、Dassault CATIA V5に統合されたLucidShapeです。
CATIA V5内でLucidShapeの機能を使い照明設計、解析が行えます。
CATIA V5をお使いの方には、設計・開発業務を一貫してCATIA V5の中で進めることができ、業務効率化が行えます。

LucidShape CAA V5 Basedのインターフェース
LucidShape CAA V5 Basedのインターフェース
マトリックスビームの配光分布解析
マトリックスビームの配光分布解析

機能

CATIA V5とシームレスに統合

  • 従来、光学ソフトウェアとCADソフトウェアが独立していたことから、データ入出力と正しく互換できているかを確認するための作業に多くの時間が割かれていました。
  • 本製品の導入により、1つの製品内で作業を完結できるようになります。データ入出力作業に時間を割く必要はありません。
  • CATIA V5のインターフェースの中でLucidShapeの主要機能全てをお使いいただけます。
  • 便利にお使いいただける、以下の特徴もございます。
    • シミュレーション実行中もモデリングが行えます。
    • プロダクトレベル、パーツレベル両方においてシミュレーションが実行できます。
    • 物性値の設定時にはパーツ/ジオメトリカルセット/個別面を任意に選んで設定できます。

ライトパイプ自動設計機能 LightGuide Designerモジュール

  • LightGuide Designerは、ライトガイドに特化した自動設計機能です。
  • ライトガイド設計は見栄えと配光を両立する必要があり多くの設計者が苦労されていますが、LightGuide Designerは以下の機能により、設計を強力にアシストします。
    • ユーザーが指定した任意曲線に沿ったライトガイドの自動モデリング。
    • 任意の断面形状を指定可能。
    • プリズム角度やピッチの最適化機能による、見栄えと配光の高いバランスでの実現、開発時間の短縮。
    • 抜き角度やフィレットを考慮する機能による製造性の高いライトガイドの実現。

本機能と関連する事例はこちら

光学面設計機能 Design(FunGeo)モジュール

  • 光学面設計機能は、寸法値ではなく光の拡がりを設計パラメータとして入力できることが最大の特徴で、“機能的な形状”が短時間で得られます。
  • 照明設計解析ソフトウェアLightToolsでもご好評をいただいている自由曲面設計機能も搭載しています。実現したい光度分布を画像の形式で入力可能であり、指定領域の均一照射や図形・文字の投影などを高速に実現します。自由曲面設計機能の詳細はこちらから。


記号を照射するリフレクタを簡単設計

美麗なレンダリング Visualizeモジュール

  • Visualizeは見栄えの評価をより便利に行えるようサポートするための強力なツール群です。
  • カメラで撮影したような製品のイメージを確認できます。
  • 部品と光源の間での全ての光の相互作用を反映することができるため、光の振る舞いを物理的に正しく再現します。
  • 以下の機能を簡単な操作でお使いいただけます。
    • 逆方向光線追跡により、短時間でのレンダリング画像の取得をサポートします。
    • 人の目の効果を反映した画像処理を行えます。
    • 周辺の環境を取り込み、光学系に映り込みを再現できます。

その他機能

  • GPUTraceが標準搭載のため、CPUのみを使用した従来手法と比較して数十倍の速度で光線追跡を行えます。
  • 光度、照度、輝度分布の特定領域に対応する光路を再現するRay History Sensorが迷光解析をサポートします。
  • 指定した面に当たったかどうかに基づき光線を分類する、面フィルタ機能がトラブルシューティングをサポートします。
  • LucidShape 専用フォーマットである .lug ファイルを介して、LucidShapeと高精度でデータ互換が行えます。
  • CATIAのDesign Table機能との連携が可能です。パラメータ変動による連続解析にも対応しており、公差解析を円滑化できます。

適用アプリケーション

ヘッドランプ
ヘッドランプ
リアランプ
リアランプ
ライトパイプ
ライトパイプ
車内照明
車内照明

事例

DRLライトガイドの支援ソリューション

  • 側面発光のライトガイドはDRLだけでなく、内装照明や建材照明など幅広い用途に使われています。LSCAAをお使いいただくことにより、開発の加速が可能です。
  • 事例資料は、モデリング→評価→最適化のフローを実際のキャプチャ画像を用いて紹介しているため、LucidShapeを導入されていなくても、設計方法を理解いただけます。
  • 加工Rや抜き勾配を考慮しながら設計できるため、製造性の高いライトガイドを作成できます。

DRLライトガイドの支援ソリューション

その他の関連事例

シミュレーション結果における近似モデリングの影響

動作環境

OS Windows 10,64bit
CPU 4コア以上、最新または二世代前まで
RAM 最低8GB、16GB以上を推奨
HDD LucidShapeCAAインストール:1.5GB
インストール以外に必要な空きスペース:5GB
Display 1280×1024以上、16ビットカラー以上の高解像度モニターICDをサポートするOpenGL準拠のグラフィックカード、最新バージョン
GPU GPUTrace使用時:NVIDIAグラフィックスカード(Compute Capability 2.0以降)
GPUTrace不使用時:特別な要求はなし
対応CATIA CATIA V5 R27, R28,R29
CATIA Mechanical Design 2 Configuration (MD2)が必要

リリース情報

リリース情報をご紹介します。

リリース情報

トライアル版(無料)のお申し込み

製品導入をご検討中のお客様へ、導入前にお試し頂けるトライアル版(無料)をご用意しています。

トライアル版(無料)のお申し込み

お問い合わせ

製品に関する質問やご相談、光学に関連する技術相談なども承っております。
お気軽に下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはこちらから