製品情報

Litosは、太陽電池やOLED(LED)の寿命を測定する先進のシステムです。4つの気密性耐久試験室に配置された最大32のストレスチャンネルで構成されています。各サンプル用に個別の温度(および照射)制御があります。高度に制御された実験環境内での広範なストレス測定技術(ハードウェア)と完全に自動化された劣化分析のためのLitosとPaiosとのインターフェース(ソフトウェア)がありますので、デバイス劣化の挙動を研究することができます。

さまざまなレイアウトのサンプルと互換性のある柔軟なデザインを提供します。トップエミッション、ボトムエミッション、いずれのOLEDにも対応しています。PV、OLED(或いはLED)、およびハイブリッドの構成が利用可能です。

仕様

湿度センサーを備えた4つの独立した気密室に最大32個のデバイス
最大電圧 10 V
最大電流 20 mA/チャンネル
温度制御 0 - 150°C
サンプルサイズ 最大2インチ

特徴

  • 顧客のサンプルレイアウトに合わせてカスタマイズ可能なデザイン(各システムで複数のレイアウトが可能)
  • モジュール式:複数のシステムをまとめて接続
  • 雰囲気制御機器に対応
  • 自動制御とパラメータ抽出のためのユーザーフレンドリーなソフトウェア

OLED用

  • 一定の電流、光照射、電圧
  • ボトムエミッション、トップエミッションへの互換性
  • 分光計が利用可能(追加モジュール)
  • ルミネッセンス(輝度)測定
  • OLED加速エージングと寿命推定の統合(特許取得済み)

太陽電池用

  • 最大電力点の追跡、定電圧/電流
  • UVでの2色LED照明(設定可能)
  • 加速試験用・10SUN相当の照明
  • 白化検出のための UV-可視域での吸収測定が可能(追加の分光計モジュール)
  • PLおよびEL測定が可能

Paiosと組み合わせて、デバイスの完全な特性評価を自動的に繰り返し実行できます。

  • J-Vカーブ
  • 過渡測定(CELIV、DLTS、TPV、TPCなど)
  • インピーダンス分光/ CV
  • IMPS / IMVS(太陽電池用)
  • 温度の関数としての測定