Laoss 4.1 リリース情報

Laossの最新版4.1の新機能を紹介します。

リリース時期:2021年5月

追加された新機能

(全体)

  • LaossとSetfosを連携させたシミュレーション
  • フィンガー電極の形状テンプレートに、フィンガー電極の数(Number of Fingers)、角度(Finger angle)、ベースオフセット(Base offset)のパラメータを追加

  • プログラムを閉じる、シミュレーションを実行する、別のファイルを読み込む、などの前に、モデルを保存するかを確認する機能
    (最後にモデルを保存した後にパラメータ変更があった場合のみ)
  • Save As を選択した際に、シミュレーションの結果も保存するか選択する機能
(Electrical モジュール・Thermal モジュール)
  • AC電圧を印加したシミュレーション
  • Path continuationソルバーの追加
(Optics モジュール)
  • 画素配置に関連する3次元形状テンプレートに、X,Y方向の画素数のパラーメータを新しく追加(例:2x2,3x4)


  • 2次元形状テンプレート(画素構造ライブラリ含む)の使用
  • Topography import(3次元形状のインポート)にUndo/Redoを追加
  • (方位角に依存しない)BSDFに対して、方位角Φを固定することが可能に
  • 方位(手前・奥・左右)ごとの境界条件の設定
  • スペクトルプロット(特定のXY点や角度のスペクトルを表示)
  • XYプロットの結果への、形状境界の表示機能


 



Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
多種多様な光デバイスの設計評価に役立つツールをご提供いたします。
3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」
ヘッドランプ、車内照明、空間照明、医療機器、カメラ
VRソリューション「Ansys VRXPERIENCE」
可視化、車載システム評価(ADASセンサー、ドライビングシミュレーター、ヘッドランプ)
フォトニクス解析ソフトウェア「Ansys Lumerical」
ナノ光デバイス、光半導体、レーザー、光ファイバ、光システム
耐久試験測定器「Litos」
太陽電池、OLED