製品情報

Laoss は、大面積半導体デバイス(有機EL、太陽電池)のシミュレーションソフトウェアです。デバイスサイズの大型化に伴って発生する電圧降下を計算して、電極の形状を最適化したり、高い導電性グリッドにより生じるシャドーイング効果とオーム損失の両方を最小にしたりすることが可能です。
また、Optics モジュールでは、強力な3次元光線追跡アルゴリズムにより、複雑な形状を持つ光学素子や表面テクスチャを持つ有機ELや太陽電池の光取り出しや光入射のシミュレーションなどが可能で、Setfosと組み合わせた解析も可能です。

Laossとは?

Laossの特徴、適用例、出力例を紹介しています。

詳細はこちら

リリース情報

Laossのリリース情報を紹介しています。

 



Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
多種多様な光デバイスの設計評価に役立つツールをご提供いたします。
3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」
ヘッドランプ、車内照明、空間照明、医療機器、カメラ
自動運転車シミュレーション Ansys AVxcelerate
ADASセンサー、ドライビングシミュレーター、ヘッドランプ
フォトニクス解析ソフトウェア「Ansys Lumerical」
ナノ光デバイス、光半導体、レーザー、光ファイバ、光システム
光学設計ソフトウェア「Zemax OpticStudio」
運転支援カメラ、携帯電話/パソコン用カメラ、航空機用外部照明、ヘッドライト、レーザプリンタ
耐久試験測定器「Litos」
太陽電池、OLED