重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

課題解決Goldfireコラム日本におけるユニコーン企業

2022年3月日本におけるユニコーン企業

ユニコーン企業とは、伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえ、希少な存在で成長性の高いスタートアップ企業を指します。ユニコーン企業の条件は以下になります。

1)評価額が10億ドル以上であること
2)創業10年以内であること
3)未上場であること

それでは世界と日本のユニコーン企業の数はどうなっているでしょうか?
米国の調査会社であるCB Insightsの調べでは2022年3月現在、全世界で1,000社を超えるユニコーン企業が存在し、全体の半数を米国企業が占めており、次いで中国、インド、英国、ドイツが続き日本は20位タイにランクされています。

The Complete List Of Unicorn Companies (CB Insights)

「なぜ日本はユニコーンが少ないのか?」ということに関して、一般的に以下3点がよく取り上げられています。

・起業家数の伸び悩み
・人材育成
・資金調達の問題

このような状況を改善すべく経団連では「スタートアップ躍進ビジョン〜10X10Xを目指して」と題して、「5年後までにスタートアップの裾野、起業の数を10倍に、成功するスタートアップのレベルも10倍にする」というスタートアップ企業の育成策を提言しています。

スタートアップ躍進ビジョン 〜10X10Xを目指して〜 (日本経済団体連合会)

これを実現するための課題の1つである人材育成に着目すると、どのような人材が必要なのか?・・・ズバリ「イノベーションが起こせる人材の開発」です。イノベーションは、経済活動の中で既存の技術やアイデアといったモノや考え方を今までとは異なる仕方で「新結合」して新たな価値を創造し、社会的に大きな変化を起こすことです。

つまり、皆様の持っている技術や知識・アイデアや考え方を変えるだけでイノベーションを実現できる可能性があります。知識のないところからは何も生み出されません。より知識の幅を広げるためにもGoldfireを活用してみてはどうでしょうか。


バックナンバー一覧に戻る

Goldfireとは?

イノベーションをより「起こしやすく」する。Goldfireは、そんな環境を構築できるソフトウェアです。普段気づかない知識を知りたい・他業種での利用方法や技術情報を知りたい・原因特定や問題解決を効率よく行いたい・培った技術や知識を組織内で幅広く共有したい、こんなお悩みをお持ちの方はまずはGoldfireの製品紹介のページをご覧ください。

イノベーションが「起こりやすく」なる状況とは?

次のような状況を満たした環境があれば、イノベーションへのプロセスは加速されるはずです。

  • 社内・社外の広範な知識を素早く収集することができる
  • 面白いアイデアを豊富に出すことができる
  • 問題・テーマについて、検討や意思決定をよりロジカルに行える
  • 結果はもちろん「検討過程」についても関係者で共有し活用できる

広範な知識を集めて「アイディア」の生成を支援するソフトウェア

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

  • AGC株式会社
  • アサヒグループホールディングス株式会社
  • 味の素株式会社
  • キユーピー株式会社
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • 住友精化株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • DIC株式会社
  • 株式会社デンソー
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社富士通研究所
  • 藤森工業株式会社
  • 株式会社牧野フライス製作所
  • 三菱自動車工業株式会社
Goldfire 製品情報 イノベーションをより「起こしやすく」するイノベーションプラットフォーム「Goldfire」について詳しくご紹介します。
ものづくりイノベーション支援 ものづくりのイノベーションを支援するコンサルティングやトレーニングなど、総合的なサービスについてご紹介します。
顧客事例 Goldfireは、全国さまざまなお客様にご活用いただいており、国内外の顧客事例をご覧いただけます。
セミナー・イベント Goldfireを直接体験できるセミナーをはじめとする、Goldfireに関するセミナーやイベント出展に関するトピックをご案内しております。