課題解決Goldfireコラム 新しい生活様式

2020.05 新しい生活様式

5月初めに厚生労働省から新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表されました。
【新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました】

これが完全に定着することは難しいのかもしれませんが、少なからず影響を与えていくと思われます。健康を気遣う人が増えることで様々な製品やサービスが生まれましたが、今後「新しい生活様式」はどのようなものを生み出していくのでしょうか。

そこで、Goldfireを利用して少し思いを馳せてみたいと思います。 上記、新しい生活様式にはいくつかのポイントがあります。その一つは「人との距離」ではないかと思われますので、今回は人と人との距離に関する技術について調査してみます。

Goldfireで特許を対象として調査してみると、カメラ撮影などに画像認識で人と人の距離を認識する技術や、人と人とが自然に離れた位置になるような椅子や家具、人が多くいる中を移動するロボット、各人が端末を持ち相対位置を認識するシステム、物理的な距離を気にせず会話できるようなシステム、複数人が効率的に動くための位置把握等、様々な観点の技術が見られます。 また、人との距離の影響で音声や視覚等が変化しコミュニケーションの質が変わるという情報も得ることができました。

すでに画像認識で密状態を確認する技術が利用されていますが、今後一層上記の技術が様々な形で活用されていくのではないでしょうか。

更に上記技術を大きく分けると、1.第三者から見た人同士の距離、2.当事者から見た人同士の距離、という2つの観点があると考えられます。そして 2.に関する技術は少ない印象です。また一方で、人との距離はコミュニケーションに影響を与えます。 ということは、「外出時に人との距離を適切に保つよう自主的に注意でき、さらにコミュニケーションにも影響を与えない」そんなコンセプトが必要とされるのかも、、、、

さて、検査方法や予防・治療方法が進歩していくと思われますので、新しい生活様式は一時的なものかもしれません。しかし、新しい知識を得て考え、新しい視点を持つことは画期的なアイデアにつながる可能性を高めます。また、Goldfireのセマンティック技術により今回の調査は30分もかけずに実施しており、このような効果的でスピード感のある調査は、興味や検討の勢いを妨げません。「これをネタに何か考えたい」そんな時は、是非Goldfireを活用してみてください。

バックナンバー一覧に戻る

Goldfireとは?

イノベーションをより「起こしやすく」する。Goldfireは、そんな環境を構築できるソフトウェアです。普段気づかない知識を知りたい・他業種での利用方法や技術情報を知りたい・原因特定や問題解決を効率よく行いたい・培った技術や知識を組織内で幅広く共有したい、こんなお悩みをお持ちの方はまずはGoldfireの製品紹介のページをご覧ください。

イノベーションが「起こりやすく」なる状況とは?

次のような状況を満たした環境があれば、イノベーションへのプロセスは加速されるはずです。

  • 社内・社外の広範な知識を素早く収集することができる
  • 面白いアイデアを豊富に出すことができる
  • 問題・テーマについて、検討や意思決定をよりロジカルに行える
  • 結果はもちろん「検討過程」についても関係者で共有し活用できる

広範な知識を集めて「アイディア」の生成を支援するソフトウェア

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

  • AGC株式会社
  • アサヒグループホールディングス株式会社
  • 味の素株式会社
  • キユーピー株式会社
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • 住友精化株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • DIC株式会社
  • 株式会社デンソー
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社富士通研究所
  • 藤森工業株式会社
  • 株式会社牧野フライス製作所
  • 三菱自動車工業株式会社
Goldfire 製品情報 イノベーションをより「起こしやすく」するイノベーションプラットフォーム「Goldfire」について詳しくご紹介します。
ものづくりイノベーション支援 ものづくりのイノベーションを支援するコンサルティングやトレーニングなど、総合的なサービスについてご紹介します。
顧客事例 Goldfireは、全国さまざまなお客様にご活用いただいており、国内外の顧客事例をご覧いただけます。
セミナー・イベント Goldfireを直接体験できるセミナーをはじめとする、Goldfireに関するセミナーやイベント出展に関するトピックをご案内しております。