課題解決Goldfireコラム 「業務提携」と「組み合わせ」

2019.12 「業務提携」と「組み合わせ」

「お花のサブスクリプションサービスと地方の新聞配達店が業務提携」と聞いて、何を想像するでしょうか。

「日本初、新聞販売店がお花の定期便サービスと提携」

一見すると「なぜ?」と思ってしまうかもしれませんが、記事を読むと、地域を熟知した新聞配達店と鮮度の良い生花を配達するサービスを組み合わせる背景や利点が記載されており、なるほど、と頷けます。

このような業務提携に関するニュースは後を絶ちませんが、コンビニエンスチェーンと通信企業、マンションのリノベーションを手掛ける企業と中古住宅の流通プラットフォーム企業といったように、違和感のない業務提携だけでなく、上記したお花屋さんと新聞配達店や、バイオマス関連コンサルティング企業と大手通信企業など、興味深い組み合わせも多く見られます。

あまりに記事が多いので、ウェブ上の業務提携に関するニュース記事などを対象として Goldfireの知識ベースを作成し、Goldfireのレンズ機能を使って業務提携の目的を調べてみました。各社弱いところを補いあったり、更なる新しい価値を生み出したり、今後の社会情勢を睨んだりと、今後どのような事業が現れ、どのような商品やサービスが求められたり提供されたりするのか、浮かび上がってくるようです。

「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである」と 1940年にジェームスヤングが著書の中で説き、それから遡ること 20年前には、イノベーションという概念の提唱者であるシュンペーターが著書の中で「新結合」の重要性を説きました。上記した業務提携を例にとっても、今後ともやはり、「組み合わせ」というのは大きな鍵となるように思われます。

さて、組み合わせといえば Goldfireです。例えば冒頭の「お花」ですが、どのような目的で使われたりするのか Goldfireで調べてみると、特許や論文や特定ウェブサイトの情報から、観賞用だけでなく、創作の材料として、薬効成分、写真撮影や食用など様々な目的で利用されていることが分かります。

さて、皆さんがお花屋さんだったとして、これらの組み合わせのヒントを見て、何に気付くでしょうか?なお、そのようなユーザー事例もございますので、是非ご覧ください。

▼Goldfireの「顧客事例」▼

もし、「新しい組み合わせ」のヒントが欲しければ、Goldfireに聞いてみてください。皆さんのアンテナにビビッとくる情報が得られ、その気付きは大きな価値につながる可能性がある、かもしれません。

バックナンバー一覧に戻る

Goldfireとは?

イノベーションをより「起こしやすく」する。Goldfireは、そんな環境を構築できるソフトウェアです。普段気づかない知識を知りたい・他業種での利用方法や技術情報を知りたい・原因特定や問題解決を効率よく行いたい・培った技術や知識を組織内で幅広く共有したい、こんなお悩みをお持ちの方はまずはGoldfireの製品紹介のページをご覧ください。

イノベーションが「起こりやすく」なる状況とは?

次のような状況を満たした環境があれば、イノベーションへのプロセスは加速されるはずです。

  • 社内・社外の広範な知識を素早く収集することができる
  • 面白いアイデアを豊富に出すことができる
  • 問題・テーマについて、検討や意思決定をよりロジカルに行える
  • 結果はもちろん「検討過程」についても関係者で共有し活用できる

広範な知識を集めて「アイディア」の生成を支援するソフトウェア

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

  • AGC株式会社
  • アサヒグループホールディングス株式会社
  • 味の素株式会社
  • キユーピー株式会社
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • 住友精化株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • DIC株式会社
  • 株式会社デンソー
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社富士通研究所
  • 藤森工業株式会社
  • 株式会社牧野フライス製作所
  • 三菱自動車工業株式会社
Goldfire 製品情報 イノベーションをより「起こしやすく」するイノベーションプラットフォーム「Goldfire」について詳しくご紹介します。
ものづくりイノベーション支援 ものづくりのイノベーションを支援するコンサルティングやトレーニングなど、総合的なサービスについてご紹介します。
顧客事例 Goldfireは、全国さまざまなお客様にご活用いただいており、国内外の顧客事例をご覧いただけます。
セミナー・イベント Goldfireを直接体験できるセミナーをはじめとする、Goldfireに関するセミナーやイベント出展に関するトピックをご案内しております。