課題解決Goldfireコラム 「量子超越性」技術を定期的に追う

2019.10 「量子超越性」技術を定期的に追う

今月、Googleの研究チームが量子コンピューターの「量子超越性(Quantum Supremacy)」を実証したとする記事が国内メディアに次々と掲載されました。

「米グーグルが「量子超越性」を実証、量子コンピューターの実用化に弾み」

量子超越性とは、「量子コンピューターの計算性能が従来のスーパーコンピューターよりもはるかに勝る」ということであり、理論的には言われていますが、実際のコンピューターを使った比較で「本当にそうだ」と実証されてはいませんでした。たとえば次のWebサイトで分かりやすく解説されています。

「つくばサイエンスニュース:Googleの「量子超越性」実証とは何なのか?」

早速、Goldfireのレンズ機能を使って(Goldfireの"文献"と"特許"の知識ベースを対象にして)調べてみると、国内外の論文や特許において、量子超越性についての様々な記載があります。そして2年前のIEEEのニュース記事に「Google plans to demonstrate the supremacy of quantum computing.」という記載があることが、レンズ機能を使うことによりすぐに分かりました。今回はその取り組みが実を結んだということでしょうか。またIBM社についての記載もあります。更に、MITやその他研究機関でも、この問題について盛んに研究されていることが分かります。

また、Goldfireを使って、世界の特許を対象に関連特許を調べてみると上位4社はMIT、北京郵電大学、Google、Microsoftとなっています。もちろん件数は少ないながらも右肩上がりです。今回の実証により、今後の傾向は変わっていくかもしれませんが…。

さて、かなり興味深い話題でしたので、Goldfireを使ってサッと現状を調査してみました。しかし今後、さらに開発が進んで行くことが予想されます。これは放っておけません。

そこで、Goldfireのクエリアラート機能を利用し、定期的にこの話題について調査して結果を知らせてくれるよう設定しておきました。また話題を追うために、国内の技術ニュースサイト等もGoldfireの知識ベースに追加します。

さてこの技術は、今後、どのような興味深い進展を見せるのでしょうか。Goldfireからのイノベーティブな連絡が楽しみです。

バックナンバー一覧に戻る

Goldfireとは?

イノベーションをより「起こしやすく」する。Goldfireは、そんな環境を構築できるソフトウェアです。普段気づかない知識を知りたい・他業種での利用方法や技術情報を知りたい・原因特定や問題解決を効率よく行いたい・培った技術や知識を組織内で幅広く共有したい、こんなお悩みをお持ちの方はまずはGoldfireの製品紹介のページをご覧ください。

イノベーションが「起こりやすく」なる状況とは?

次のような状況を満たした環境があれば、イノベーションへのプロセスは加速されるはずです。

  • 社内・社外の広範な知識を素早く収集することができる
  • 面白いアイデアを豊富に出すことができる
  • 問題・テーマについて、検討や意思決定をよりロジカルに行える
  • 結果はもちろん「検討過程」についても関係者で共有し活用できる

広範な知識を集めて「アイディア」の生成を支援するソフトウェア

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

  • AGC株式会社
  • アサヒグループホールディングス株式会社
  • 味の素株式会社
  • キユーピー株式会社
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • 住友精化株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • DIC株式会社
  • 株式会社デンソー
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社富士通研究所
  • 藤森工業株式会社
  • 株式会社牧野フライス製作所
  • 三菱自動車工業株式会社
Goldfire 製品情報 イノベーションをより「起こしやすく」するイノベーションプラットフォーム「Goldfire」について詳しくご紹介します。
ものづくりイノベーション支援 ものづくりのイノベーションを支援するコンサルティングやトレーニングなど、総合的なサービスについてご紹介します。
顧客事例 Goldfireは、全国さまざまなお客様にご活用いただいており、国内外の顧客事例をご覧いただけます。
セミナー・イベント Goldfireを直接体験できるセミナーをはじめとする、Goldfireに関するセミナーやイベント出展に関するトピックをご案内しております。