課題解決Goldfireコラム ノーベル賞を知識として準備する

2015.11 ノーベル賞を知識として準備する

10月に発表された2015年のノーベル賞は、2人の日本人が受賞を決めたこともあり、メディアを大きく沸かせました。全てのノーベル賞受賞者とその受賞理由については、ノーベル賞の公式Webサイトに掲載されています。

公式サイトには歴代の受賞者だけでなく、Physics(物理学賞)やChemistry(化学賞)などのノーベル賞の各分野に対する過去の受賞者数や歴代の女性の受賞者などさまざまな「Fact」も掲載されており、なかなか興味深い内容です。

さて、ノーベル賞にはPhysics、Chemistry、Medicine(生理学・医学賞)、Literature(文学賞)、Peace(平和賞)の5分野とEconomic Sciences(経済学賞)における受賞があり、1901年〜2015年までの間に573の受賞と約900人の受賞者がいます。
近年の受賞内容を見て分かるように、生理学・医学、化学、物理の各賞は人の生活や科学の前進に大きく貢献しているような発明・発見が対象です。化学や物理の進歩が工学の進歩を支えていると考えれば、ノーベル賞はある意味、世界における本質的なイノベーションの歴史そのもの、といえるかもしれません。

では、歴代のノーベル賞を対象にして、興味のある情報を見てみましょう。

まずは、ノーベル賞の公式サイトをGoldfireの知識ベースとして取り込みます。
その後、まずは物理学賞においてどのようなものが発見されているか俯瞰する意図で、知識検索におい「discover<AND>Nobel Prize in Physics」というクエリを入力し、「作用対象」レンズを参照してみます。

  • radiation phenomenon
  • neutrino
  • electron
  • Neutron
  • Superconductivity
  • solar neutrinos
  • X-rays
  • Higgs particle
  • radium
  • lepton
  • muon
  • supernovas

そしてさまざまな公式や効果など、まさにここ100年の物理学の歴史を感じさせる情報が並びます。さらに「inventionNobel Prize in Physics」とクエリを変更すると、

  • blue LED
  • detector for measuring neutrino reactions
  • transistor

などを始めとして、多くの情報がピックアップされてきます。
「何を解決してきたのか」「DNAに関してどのようなことがなされてきたのか」「鍵はなんだったのか」「どのように応用されているのか」など、Goldfireに聞いてみたい情報は尽きません。

また、化学や生理学・医学についても同様に見てみると、なかなか興味深い情報がピックアップされますが、やはり気になるのは「アイデア」です。
歴代の受賞者がアイデアについて何を語っているのか。
クエリにシンプルに「idea」と入れ、原因レンズを参照してみます。

  • 長期にわたるコラボレーション
  • 学生のエネルギーと好奇心
  • 楽しみ
  • 交流

などの記述が見られます。
また、「ディラックによるアイデア」のようにさまざまな人の名前も見られます。過去の人も含めて多くの人のアイデアが集まり、一つの大きな進歩につながっている。そんなダイナミクスが感じられるかのようです。

今回対象としたWebサイトは「全てを読んでみたい」と思うような非常に興味深い情報で溢れています。しかし、日々の忙しさから、そんな時間を作るのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そんなときは、Goldfireの力を借りてみてください。
歴史的な偉人の方々による膨大な情報から、興味深い知識をくみ上げ、彼らとあたかもコラボレーションするように新しいアイデアが生まれる...!
かもしれません。

 ▼Nobelprize.org(ノーベル賞公式サイト)▼
http://www.nobelprize.org/

▼今回使ったGoldfireの機能は...▼
ナレッジナビゲーター
知識ベースに関するFAQはこちら

バックナンバー一覧に戻る

Goldfireとは?

イノベーションをより「起こしやすく」する。Goldfireは、そんな環境を構築できるソフトウェアです。普段気づかない知識を知りたい・他業種での利用方法や技術情報を知りたい・原因特定や問題解決を効率よく行いたい・培った技術や知識を組織内で幅広く共有したい、こんなお悩みをお持ちの方はまずはGoldfireの製品紹介のページをご覧ください。

イノベーションが「起こりやすく」なる状況とは?

次のような状況を満たした環境があれば、イノベーションへのプロセスは加速されるはずです。

  • 社内・社外の広範な知識を素早く収集することができる
  • 面白いアイデアを豊富に出すことができる
  • 問題・テーマについて、検討や意思決定をよりロジカルに行える
  • 結果はもちろん「検討過程」についても関係者で共有し活用できる

広範な知識を集めて「アイディア」の生成を支援するソフトウェア

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

  • AGC株式会社
  • アサヒグループホールディングス株式会社
  • 味の素株式会社
  • キユーピー株式会社
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • 住友精化株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • DIC株式会社
  • 株式会社デンソー
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社富士通研究所
  • 藤森工業株式会社
  • 株式会社牧野フライス製作所
  • 三菱自動車工業株式会社
Goldfire 製品情報 イノベーションをより「起こしやすく」するイノベーションプラットフォーム「Goldfire」について詳しくご紹介します。
ものづくりイノベーション支援 ものづくりのイノベーションを支援するコンサルティングやトレーニングなど、総合的なサービスについてご紹介します。
顧客事例 Goldfireは、全国さまざまなお客様にご活用いただいており、国内外の顧客事例をご覧いただけます。
セミナー・イベント Goldfireを直接体験できるセミナーをはじめとする、Goldfireに関するセミナーやイベント出展に関するトピックをご案内しております。