リリース情報バージョン11.5

CODE V最新バージョンCODE V 11.5がリリースされました。

(ライセンスファイルおよびインストーラーのご提供は2021年4月15日から開始いたします。)

リリース日

2021年4月

主な新機能と特徴

レンズ暗号化機能を搭載

レンズ設計においては、顧客や製造業者とのデータのやり取りが求められることが多くあります。そのため、設計者は自社の設計情報が漏れないよう細心の注意を払う必要があります。

今回のバージョンより、HLM(Hidden Lens Module:秘匿レンズモジュール)が搭載され、光学モデルの一部または全体に対して、面の形状や材質、サイズ、位置などの設計情報を暗号化することができるようになりました。暗号化された部分については、他のユーザーがその情報を参照したり編集したりすることはできません。

これにより、詳細な設計情報は非公開の状態で、高精度な解析や光学性能の評価、光線の視覚化などが可能になりました。レンズの設計情報という貴重な知的財産(IP)を保護しながら、顧客・製造業者とのコラボレーションが可能になります。


秘匿レンズモジュールのイメージ

最適化機能の強化(新アルゴリズム追加)

■ BFGSアルゴリズム※1が新たに追加

CODE Vにおける「最適化」とは、レンズの形状や配置などをパラメータとし、設定した制約条件を満たしつつ、よりよい光学性能を得るための機能で、「自動設計」とも呼ばれます。
今回のバージョンでは、この最適化の探索過程における計算手法として、新たにBFGS法が追加されました。CODE Vによる最適化の探索アルゴリズムとしては減衰最小二乗法(DLS)が用いられますが、その際、2次導関数行列を求める手法の代替としてBFGS法を選択することができます。これにより、2次導関数行列が悪条件(例:特異変数が複数ある2次導関数行列)である最適化問題において、より適切な結果を得られる可能性があります。
※1: BFGSアルゴリズム: Broyden-Fletcher-Goldfarb-Shanno(ブロイデン-フレッチャー-ゴールドファーブ-シャンノ)アルゴリズム

■ レンズに用いられるガラスの自動選択処理が高速化(Glass Expert)

Glass Expertは、実在するガラスのリストから、光学性能を最大化するのに最適な組み合わせを自動選択する機能です。今回のバージョンでは、AIを活用した改良によりガラス選択処理の高速化が実現しました。さらに選択処理の過程で、重量、コスト、透過率、熱などに関する自動チェック機能が追加されました。より短時間で最適なガラスの探索が可能となり、設計の高速化に寄与します。

自由曲面の係数入力画面の改良

自由曲面レンズは、球面から自由曲面への変更により高性能化やレンズの枚数低減を実現できることから、AR/VR、自動車のドライブレコーダーのカメラ、宇宙望遠鏡などのように、小型化、軽量化を必要とするシステムにおいて利用が広がっています。今回のバージョンでは、自由曲面レンズの設計機能の強化により、利便性が大幅に向上しました。

■自由曲面の変換機能の拡張

自由曲面には、XY多項式面(SPS XYP)、各種ゼルニケ多項式面(SPS ZRN、SPS ZFR、SPS ZFE)、Qタイプ自由曲面(SPS Q2D)など複数の定義があり、設計する光学系に合わせて使い分けられています。
今回のバージョンで、これらの定義式間の相互変換が可能になりました。従来の設計や設計途中のものに対して、より性能向上や薄型化を期待できる面タイプに変換して設計を改善する際に有用です。

■ 自由曲面の係数入力画面の改良

自由曲面の設計では多数の係数入力が必要となります。以下の多項式非球面に導入された2次元格子形式の係数テーブルでは、係数が形状の対称性を考慮して配置されており、自由曲面設計の対称性を容易に把握できるため、編集しやすくなりました。

  • XY多項式面 (SPS XYP)
  • ゼルニケ多項式面 (SPS ZRN)
  • フリンジゼルニケ多項式面 (SPS ZFR)

Q2D自由曲面の係数入力画面

インポート機能の強化 (ZMXファイル)

ZMXファイル(Zemax, LLC のソフトウェア製品 OpticStudio用のレンズ規定ファイル形式)をCODE V互換形式に変換する、新しいマクロZEMAXOS_TO_CVを追加しました。このマクロはUnicodeファイルの自動変換、複合光学系、公差、追加の面形状をサポートしており、ファイルメニューから簡単に実行できます。

液浸体積ホログラム光学素子のサポート

以前のバージョンのCODE Vでは、ARデバイスに用いられるホログラム光学素子(Holographic Optical Device: HOE)は空気中にあることを前提としていました。今回のリリースでは、周囲の屈折率を指定し、水などの液浸HOE製造を表現できるようになりました。

マクロ機能の強化

配列操作用マクロ関数が追加されました。データ処理マクロを自分で書いているユーザーにとって特に有用です。

  • 配列要素に対する加算、減算、乗算、除算、関数適用
  • 行と列の転置
  • 擬似逆行列の計算
  • 行列乗算の実行

その他

  • 硝材メーカー各社のガラスカタログが最新データを元にアップデートされました。
  • 従来のバージョンに存在していた不具合が多く解消されています。

本リリースについての詳細および修正されているバグの情報等に関してはリリースノートをご覧下さい。
閲覧には事前にこちらからユーザー登録が必要です。