アナログCATVの例

ファイバを用いたアナログCATVシステムでは、多数のアナログRFチャネルをそのまま変調して1つの波長で伝送していました。これを多波長化(マルチ・トーン)する際には、ビット・エラー率(BER)に加えて、歪みの測定も重要になります。

ツール OptSim
キーワード CATV伝送, CATV transmission, OptSim, ファイバを用いたアナログ伝送, fiber-based analogs, ビット・エラー率, BER

詳細

詳細(PDF:英文)を閲覧する