P:磁場解析

PT-004JMAG-Optimus連携による中間ファイルを用いた形状最適化

JMAG-Designerに非対応のCADや何らかの事情により中間ファイルフォーマットのCADデータを利用する必要がある場合、自動化の仕組みを構築することは容易ではありません。 本事例では、SpaceClaimによる中間ファイルデータを用いた形状変更、形状変更データのJMAG-Designerへのインポート、Optimusによる形状変更から解析実行の自動化をご紹介します。

JMAG-Designer,SpaceClaim 事例ダウンロードお申し込み


BFNP-010公差解析とロバスト最適化による、加工・組立のバラツキを考慮した性能評価

CETOL 6σによる公差解析の結果を各種シミュレーションと組み合わせることにより、より実機試験に近い評価を行うことが出来ます。本ソリューションでは、加工・組立のバラツキの影響が高い場合は、適切な公差設定の検証を合わせて行うことが出来ます。ロバスト最適化の効率的手法や応答曲面モデルの利用により、シミュレーションに掛かる時間を大幅に短縮することができます。

JMAG-Designer/CETOL6σ 事例ダウンロードお申し込み


BP-008JMAG-Optimus連携によるリアクトルの静音最適化

リアクトルは電気系統に関わる様々なシステムの中で利用されていますが、リアクトルによる振動騒音が問題となってきており、対策が求められています。振動を精度良く評価するためには、起振力とリアクトルの固有振動との共振現象を正確に把握する必要があります。
本事例では、JMAG-Designerで磁界解析、構造解析(固有値解析)を行い、リアクトルの電気的性能を落とさずに静音化する例を紹介します。

JMAG-Designer
事例ダウンロードお申し込み


GPR-011 電子機器モデルの電界強度と温度の多目的最適化

電子機器モデルについて、電界強度、温度を低減する最適化を行いました。電界強度はANSYS HFSS、温度はANSYS Icepakで解析を行い、実験計画法を実施したところ、影響の強い設計変数が明らかになりました。さらに多目的最適化では温度とノイズのパレート最適解を得ることができました。

ANSYS/ANSYS HFSS/ANSYS Icepak
事例ダウンロードお申し込み


JP-0051Dと3Dを融合した EVシステムの2段階多目的最適化

JMAG-Designerでのモータ設計の多目的最適化に加え、複合領域に跨るEVシステムの電費と速度追従性の向上を目的としたシステム仕様の検討を行う2段階の多目的最適化事例です。
1段階目は駆動トルクとコアロスに着目しIPMモータの形状最適化を行い、2段階目でこのモータを組み込んだEVシステムにより、燃費と速度追従性の向上を目的としたシステムの仕様の最適化を行いました。この結果の考察と本アプローチの有効性を紹介します。

MapleSim,JMAG-Designer,JMAG-RT,
事例ダウンロードお申し込み


BFP-007モータの複合領域解析

トルクを向上させ、騒音を低減する複合領域、多目的最適化事例です。
近年、電磁力による振動・騒音対策も構造解析(音響解析)ツールと連成させたシミュレーションにて検討されています。本事例では、モータの効率化を図りつつ、振動も考慮した最適化の事例をご紹介します。

ANSYS Maxwell、WAON
事例ダウンロードお申し込み


P-003Optimusを利用したツール連携と自動化、効率化の取り組み

安川電機における、品質力強化とコスト低減を両立した事例です。
自由度の大きい開発や設計の源流で、品質や信頼性を作り込むフロントローディングを推進し、設計起因による故障の撲滅に向けた未然防止活動を強力に進めていますが、シミュレーション活用によるフロントローディングは、そのままでは設計者のスキル(≒経験・勘・度胸)依存でした。この打破を期待してOptimusを導入した経緯や活用方法について紹介します。

JMAG-Designer
事例ダウンロードお申し込み


P-002OptimusとJMAG-Designerを利用した電磁界解析における最適化ソリューション

モータの特性を維持した状態で磁石に関するコストを低減した事例と、誘導加熱の加熱コイル設計の事例をご紹介します。

JMAG-Designer
事例ダウンロードお申し込み


P-001IPMモーターの磁場解析、構造解析の多目的最適化

IPMモータは高トルクかつ高効率なモータですが、構造上遠心力によって磁石の剥がれやずれが生じ、ロータコアにめりこむ危険性があり、高効率化と同時に強度が求められます。
「電磁場解析と構造解析を同時に行いたい」、「効率化に影響を与えている因子を知りたい」といった課題に対し、OptimusのJMAGインタフェースを使用して磁界解析と構造解析を統合化し、最適化を行った事例をご紹介します。

JMAG-Designer
事例ダウンロードお申し込み



セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール