Mapleトップページ
製品・サービス

MapleSim 4 新機能紹介

複合領域物理モデルシミュレータ MapleSim (High-Performance Multi-Domain Modeling and Simulation)

MapleSim 4 新機能概要

マルチボディモデル作成作業の効率化

3-D ワークスペースによる新しいマルチボディ作成環境

  • マルチボディシステムモデルの3-Dアニメーション機能に加え、3-D ワークスペースによる直感的なマルチボディモデリング機能が新しく開発されました。
  • 3-D ワークスペースにおいて、マルチボディの3-Dオブジェクトを配置・接続によるモデル作成や、初期条件の設定をインタラクティブ(対話式)に行うことができるようになりました。
  • 従来からのブロックダイアグラムによるモデリングと3-D ワークスペースによるモデリングは併用することができ、モデルも相互に連携しているため、必要に応じ切り替えたり、同時表示させることにより、モデル作成作業を支援します。
3-D ワークスペースによる新しいマルチボディ作成環境

シミュレーション機能の改善

新しいCash-Karp 法によるDAEソルバー(ck45)の追加

  • このセミ・スティフな系向けのソルバーは、スティフな系向けのrosenbrockソルバーよりも高速な処理が行えます。
  • このソルバーは、シミュレーションのデフォルトソルバーとして採用されています。
  • 新しいソルバーの追加により、MapleSim によるシミュレーション適用範囲が広がります。

MapleSimテンプレートの充実

  • MapleSimで作成したモデルを解析したりするテンプレートに、マルチボディ解析用のテンプレートなどが追加されました。
  • MapleSim に標準で用意されているテンプレートを利用した解析範囲は広がります。

サブシステム管理機能の改善

  • 共有サブシステムより、サブシステムの管理や再利用が容易になりました。
  • スタンドアロンサブシステムを使うと、モデルワークスペースの他のサブシステムから独立したサブシステム(スタンドアロンサブシステム)を作ることもできます。
  • これまで以上にサブシステムを利用した、モデリングの改善を期待できます。

デバッグ機能の追加

  • デバック用のコンソール画面表示機能が追加されました。
  • モデルチェック機能を使用すると、未接続のラインや、未定義のサブシステムなどをチェックすることができます。
  • デバッグ機能により、モデル作成時のミスを発見しやすくなります。

プロット機能の改善

  • シミュレーション後のプロットデータに、以前解析した結果を重ねて比較することができるようになりました。
  • パラメータを変更した場合の解析結果の比較を短時間に行うことができます。

新しいコンポーネントの追加

  • ステッピングモータなどが追加されました。
  • モデル作成やシミュレーション条件の設定範囲が広がります。

プロジェクトタブによるモデル管理機能の統合

添付ファイルの集中管理

  • MapleSim モデルに添付するテンプレートや他のファイルを管理する機能が、プロジェクトタブに追加されました。
  • モデルに添付するファイル管理が容易になり、シミュレーションやモデルの解析を効率的に行えます。

プローブの集中管理

  • プロットデータを指定するプローブを管理する機能が、プロジェクトタブに追加されました。
  • 設定されているプローブをまとめて管理できるため、必要なデータを効率的に確認することができます。

モデルギャラリー

特定のキーワード(電気、制御、機械、ロボティクス、マルチボディダイナミクスなど)から絞込み検索可能なMapleSim 事例をご紹介しています。

MapleSim モデルギャラリー
無料トライアル版
Maple本体をはじめとして Maplesoft製品群は、無料でご評価利用することができます。

無料トライアル版のお申込みはこちら



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発