Mapleトップページ
製品・サービス

システムレベルモデリング&シミュレーションMapleSimとは

次世代のシステムレベルモデリング&シミュレーション環境『MapleSim』は、Maplesoft のコアテクノロジーである数式処理技術とモデリング言語 Modelica の融合を軸に、電気、機械、熱、流体、信号等、様々なドメインにまたがる統合的なモデリングとシミュレーションによるシステム開発環境を提供します。

近年の技術・製品開発をめぐる環境
MapleSim によって提供される開発・設計ソリューション
モデル開発・流通・解析の開発プロセス適用
MapleSim が選ばれる理由

近年の技術・製品開発をめぐる環境

近年、様々な産業分野の技術・製品開発において、CAE(Computer Aided Engineering) 技術の活用は身近なものになっています。その反面、技術・製品が急速に多様化/複雑化している昨今、これまでのように、各機能・部品に対して個別に CAE を適用するだけでは、技術・製品としての要求性能を満足することが非常に難しくなっています。そのため、技術・製品を構成する全体のシステムを捉えた性能・品質向上に対する解決策が求められています。

MapleSim によって提供される開発・設計ソリューション

解決策として MapleSim のような「 System-Level Engineering 」の採用が挙げられます。MapleSim では開発対象のシステムを物理法則に基づいたモデルで表現することで、形状などの詳細を決める前の企画や構想段階で製品全体の挙動を把握することが可能となり、開発工程の手戻りや設計コストを低減することができます。

さらに、制御開発においては、MapleSim はモデルベース開発( MBD )を推進する上で、重要となる HILS( Hardware-In-the-Loop Simulation )を代表とした xILS※( x-In-the-Loop Simuation )環境構築に有効なモデル開発を可能にします。xILS を活用することで、制御器の動作確認や品質検証を実施したり、制御器を含めたシステム性能確認を行うことが出来ます。
また、昨今の自動車業界では、リアルタイムシミュレーションを利用したアプリケーションの一つとして、パワトレインの実機とダイナモメータを組合せた VRS( Virtual and Real Simulator )を活用し、定常/過渡状態における性能検証を行っている例もあります。

※xILS は、MILS( Model-In-the-Loop Simulation )、SILS ( Software-In-the-Loop Simulation )、HILS ( Hardware-In-the-Loop Simulation )等の総称です。

モデル開発・流通・解析の開発プロセス適用

「System-Level Engineering」 を開発プロセスに適用する際には、モデル開発・流通・解析というモデルを取り巻くそれぞれの側面で適用方法を考える必要があります。それに対して、MapleSim では、独自のドメイン定義やそのカスタムドメインを利用したカスタムコンポーネント作成、さらにそれらを一括管理し、モデル開発者へ展開するためのユーザライブラリ機能があり、MATLAB/Simulink や FMI ( Functional Mockup Interface ) との連携によるモデル流通や、Maple や Optimus を用いた設計ツール化・設計空間分析等のモデル解析を可能にします。

MapleSim が選ばれる理由

Mapleのテクノロジー Modelica ベースの直感的モデリング カスタマイゼーション ホワイトボックス 拡張性、ツールチェーン 無料トライアルのお申し込み


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発