「数学(Mathematics)」の応用については、従来の物理則に基づいたアプローチとは本質的に異なるアプローチの可能性が期待されています。一方、現実的には「数学」の適用は、情報セキュリティ、可視化、金融工学など限定的なアプリケーションが多く、ものづくりに関わるものは限られています。

その理由として、「数学と他分野の橋渡しをする研究・教育活動が少ない」、また「数学系の適用技術が手法として現場に根付かない」「そもそも数学系人材が不在」などが指摘されており、こうした状況がものづくりへの数学的アプローチを妨げる一因となっています。

サイバネットシステムは日本のものづくり力の継続的な発展のためにも、数理技術の産業界への普及活動に貢献することを目指し、産業技術と数学の架け橋を実現するために、「Mathematics for Industry」シンポジウムを企画 しました。

皆様のお申込み・ご来場を心よりお待ちしております。

本シンポジウムは満席のためお申込み受付を終了しました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

開催概要

日時 2011年9月12日(月) 13:00〜16:45 (受付 12:40開始)
会場 富士ソフトビル アキバホール(秋葉原駅徒歩3分)  [ 会場地図 ]
主催 サイバネットシステム株式会社
共催 Maplesoft社
定員 150名
お申し込み (本シンポジウムは満席のためお申込み受付を終了しました。)
参加費 無料

プログラム・タイムテーブル

時間 基調講演
12:40-13:00 受付
13:00-13:05 開催の挨拶
サイバネットシステム株式会社
13:05-14:05
【基調講演】 
技術の未来を拓く数学「マス・フォア・インダストリ」
〜数学と産業界の連携を目指し〜

九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 所長 若山 正人 氏
「マス・フォア・インダストリ(MI)」とは、「純粋・応用数学を 流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要請に応えようとすることで生まれる、未来技術の創出基盤となる数学の新研究領域」のことである。今回は、それに関するグローバルCOEプログラム活動と、4月に九州大学に設置されたマス・フォア・インダストリ研究所の概要及び展望などをご紹介する。
14:05-14:35
マツダにおける自動車関連技術開発での数理技術の活用事例紹介
マツダ株式会社 技術研究所 中本 尊元 氏
マツダ株式会社 技術研究所で取り組んできた自動車関連技術研究・開発への数理技術適用事例として、下記3件について紹介する。
(1) モデルベース技術によるエンジンキャリブレーション期間の短縮
(2) 複数の衝突形態における車体構造最適化
(3) 数理モデルによる車線逸脱予測技術
また、上記(1)では、九州大学大学院・数理学府から受け入れたインターンシップ学生と取り組んだ内容も紹介する。
14:35-14:45 休憩
14:45-15:15
ICT企業における産業数理とものづくり
株式会社富士通研究所 デザインイノベーション研究部 主任研究員
九州大学 大学院数理学府/マス・フォア・インダストリ研究所 教授 穴井 宏和 氏
近年、情報通信技術(ICT)の分野では、ICTを活用したさまざまなサービス/ソリューションの高度化のための基盤技術として数理技術の重要性・有効性が強く認識されている。
本講演では、ICT分野で求められる数理技術について概観し、ものづくり分野でどのように活用されているか具体的な事例をまじえて紹介する。
15:15-15:45
数式処理による自動車乗心地性能設計手法
株式会社 本田技術研究所四輪R&Dセンター
第11技術開発室 第1ブロック 第1グループ 足立 由夫 氏
近年自動車開発においては多性能の両立が求められている。そのため各性能の高効率開発が必要不可欠である。本講演では、自動車乗心地性能の高効率開発手法として、数式処理による性能設計手法を示す。本手法は、設定した目標車両性能から必要なサスペンション部品特性を、パラメータスタディすることなく数式により直接求める手法である。
15:45-15:55 休憩
15:55-16:25
数理的最適化手法に基くモノづくりの実現に向けて
(熱流体分野での最適設計計算の試み)

株式会社 豊田中央研究所
車両システム研究部 熱流体基盤研究室 主席研究員 近藤 継男 氏
様々なモノづくりのなかでシミュレーション技術は既に大きな役割を担い、またいまも進歩を続けている。今後これがさらに発展し、所望の性能を実現する設計変数(モノの形)を試行錯誤によることなく求めることができるようになれば、シミュレーション主導のモノづくりが実現する。最近、トポロジー最適化法など、数理的な最適化手法に基づくシミュレーション技術の実用性が高まってきた。本講演では、筆者の周辺で最近行った、熱流体分野でのトポロジー最適化法の応用の試みを紹介する。
16:25-16:45
Maplesoft が取り組む“数学的”ものづくりの実現に向けて
Executive Vice President, Technical Marketing, Maplesoft 山口 哲
Maplesoftは、数式処理技術とその産業応用を積極的に進めている世界でも数少ないソフトウェアベンダのひとつである。本講演では、30年近い数式処理技術の基礎研究と応用への展開を通じて得られた当社とパートナー研究機関との成果をご紹介すると共に、当社の考える“数学的”ものづくりの実現に向けての取組みを紹介する。

※各講演時間・順序が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー資料について

セミナー資料ダウンロードのご案内

ご購入ユーザやご登録頂いたお客様のみアクセス可能な登録ユーザー専用コーナーに、イベントやカンファレンスで発表した事例やセミナー資料を掲載しています。閲覧にはお申し込みが必要になります。

登録ユーザー専用コーナーの新規登録お申し込み

すでに登録ユーザーの方は以下からログインしてください。

登録ユーザー専用コーナーへログイン