FAQサンプル(サポートサービス): 体積散乱モデルでの光路長や粒子への衝突回数を評価するマクロ

質問

タイトル(要点) 体積散乱モデルでの光路長や粒子への衝突回数を評価するマクロ
カテゴリ LightTools FAQカテゴリ > 機能別 > マクロ > サンプルマクロ
本文 体積散乱モデルでの光路長や粒子への衝突回数を評価するマクロ

回答

本文

NS光線やモンテカルロ(シミュレーション)光線の結果から、平均の光路長(近似値)を求めるマクロです。

NS光線の場合、各Segment毎の情報からトータルの幾何学的光路長、光学的光路長、粒子への衝突回数を求めます。

モンテカルロ光線の場合は指定された受光器に対する光路長フィルタの範囲を自動的に変更し、各光路長毎の光線本数を書き出します。(事前に受光器に光路長フィルタを設定してシミュレーションしておく必要があります)

ここでは、回答の一部のみを掲載しています。続きの閲覧・添付資料ダウンロードをご希望の方は技術サポートサイトにご登録ください。