バージョン 7.3 リリース情報

2012年6月にLightToolsバージョン7.3をリリースいたします。
本バージョンでは、様々な機能が追加されています。

詳しい情報は、リリースノート(LightTools7.3)をご覧ください。
※この資料の閲覧・ダウンロードには、ユーザーIDとパスワードが必要です。

ユーザー登録がお済みでない方は、こちらから登録して下さい。

光学特性マネージャーの追加

光学特性を管理するための光学特性マネージャーを追加します。
LightTools 7.3から光学特性は、光学特性マネージャーを使って光学特性のマスターリストを作成し、それをプロパティゾーンに設定することで定義します。これは、今までの方法に変わる、簡単で効率のよい光学特性設定方法です。

モデルに設定されている光学特性の確認や、同じ光学特性の一括変更が容易に行えます。
モデルに設定されている光学特性の確認や、同じ光学特性の一括変更が容易に行えます。

Optical Property Manager, part 1 (8 minutes)
Optical Property Manager, part 2 (12 minutes)

チャートの改良

以下のチャートが改良されます。

  • LumViewerの極座標サーフェスチャート
  • LumViewerの極座標ラスタチャート (軸のスケーリング追加)
  • トゥルーカラーチャート (極座標チャートの追加)
  • LumViewerの直交座標2D チャート
  • 強度スライスデータ用チャート
  • ポップアップチャート

Color chart viewer (11 minutes)
Slice charts (8 minutes)

複数の面上のデータを収集する新しい受光器

複数の面上で光線データを受光する新しい受光器を追加します。1つのオブジェクト(ソリッド全体か、1つのプリミティブ)に受光器を追加でき、その全ての面での強度データを一度に収集できます。
以下は、セグメントリフレクターに当たる光線のパワーを解析するために設定されたソリッド受光器の設定例です。

その他

64-BitアプリケーションとしてのLightTools
LightTools 7.3.0から、32-Bitバージョンに加え、64-BitバージョンのLightToolsもリリースいたします。
演色性能を評価するための新しい測定基準の追加
光源の演色性能を評価するため、演色評価数(CRI)に加え、色域指数(GAI)、色品質尺度(CQS)の測定基準を追加します。
蛍光体モデリングの強化

蛍光体/不活性体の母材に対する混合割合を、今までの粒子の数密度(1/mm3)に加え、体積比率または重量比率でも指定できるようになります。

Specifying phosphor concentration (6 minutes)

実測BSDF散乱のモデリングの改良

実測BSDF散乱を簡単にモデリングできるよう改良します。

Defining BSDF with user data (11 minutes)
BSDF scatter data library (7 minutes)

プロパティゾーンの表示/非表示オプション
プロパティゾーンと、2Dパターン/3Dテクスチャーの表示/非表示切り替えを分けます。
ユーティリティ、ライブラリの改良と追加

バックライトパターン最適化ユーティリティを含め、いくつかのユーティリティが改良されます。追加または削除されたユーティリティもあります。
また、LEDライブラリ、サンプルモデルライブラリにデータが追加されます。

Using a standard LightTools source and user test points in the Test Point Analyzer (11 minutes)
Using IES file sources in the Test Point Analyzer (13 minutes)
Creating and analyzing tracking solar panels with the Solar Source Utility (16 minutes)
Street Lighting Utility basic operations (15 minutes)
Optimizing with an IES file source in the Street Lighting Utility (9 minutes)

ProSourceデータのダイレクトリンクのサポート中止
Radiant Sourceデータ(.rsmや.rs8フォーマット)のダイレクトリンク(直接読み込み)は今バージョンからサポートされません。 ProSourceを使って作成できる光線データ光源(.rayフォーマット)は読み込み可能です。

詳しい情報は、リリースノート(LightTools7.3)をご覧ください。
※この資料の閲覧・ダウンロードには、ユーザーIDとパスワードが必要です。

ユーザー登録がお済みでない方は、こちらから登録して下さい。