過去のリリース情報

2010年11月25日にLightToolsの最新バージョン7.1をリリースいたします。
本バージョンでは、様々な機能が追加されています。

ウィンドウのレイアウト変更

特性ウィンドウなど、一部のウィンドウをLightToolsのメインウィンドウの外に出す(フロートさせる)ことができます。また、複数のウィンドウを1つにまとめて(ドッキングして)タブで切り替えることもできます。これらにより、LightToolsの作業スペースを有効に利用できます。

メインウィンドウからのフロート
メインウィンドウからのフロート

1つにドッキングされた複数のウィンドウ
1つにドッキングされた複数のウィンドウ

3Dデザインビュー上での照度分布の確認

3Dデザインビュー上のダミー面に照度分布ラスターチャートを表示できます(本リリースではダミー面での結果のみ表示可能です)。これにより、結果をすばやく確認できます。

3Dデザインビュー上での照度分布ラスターチャート
3Dデザインビュー上での照度分布ラスターチャート

測光タイプA、Bのサポート

以前のバージョンではタイプC測光法のみをサポートしていましたが、ファーフィールド受光器と面受光器で、照明関係の評価をそれぞれの測定方法に合わせて行えるようにするために、IES測光タイプA、Bもサポートします。各測光タイプと主な用途は以下の通りです。

  • タイプA‐オープンライティング、光学システム
  • タイプB‐(ヘッドランプのような)自動車用照明、飛行場、航空機用照明などの灯光照明
  • タイプC‐室内や道路照明など(最も幅広く使用されているフォーマット)
測光タイプA
測光タイプA
測光タイプB
測光タイプB

CIE色差解析

空間メッシュ(受光面上の位置)、または、角度メッシュ(光線が出射する角度方向)の色差を計算したり、最適化したりできます。これは、以下のような、ディスプレイ全体で均一な色分布を作りだすことを目的とするディスプレイ設計者に役立ちます。

  • フラットパネルディスプレイとプロジェクター
  • バックライトディスプレイ
  • LEDを使用する一般照明アプリケーション

色差解析では、1976 CIE u’, v’色空間での2つの色(現在のメッシュの出力色と参照色)の間の距離を計算します。

その他

ユーティリティの強化
いくつかのユーティリティに改良が加えられています。
ライブラリの追加
サンプルモデルライブラリに、新機能に関するサンプルモデルが追加されています。光源ライブラリに、Philips社の蛍光灯ライブラリが追加されています。

詳しい情報は、リリースノート(LightTools7.1)をご覧ください。
※この資料の閲覧・ダウンロードには、ユーザーIDとパスワードが必要です。

ユーザー登録がお済みでない方は、こちらから登録して下さい。