LightToolsの役割解析・分析・評価

試作・実験を繰り返しながら製品の最終的な仕様が確定しますが、試作→実験→データ取得→修正→実験・・・というサイクルは、時間もコストも非常にかかります。
LightToolsを使えば、この一連のサイクルをコンピュータ上で行えますので、時間とコストが大きく削減されます。

解析イメージ図1
解析イメージ図2

さらにLightToolsでは、実験で得た数値データを取り込み、分析・評価することができます。
また、このデータを記録に残すことで、知的財産としてノウハウを蓄積・共有することもできます。

製品開発・設計サイクル
※各工程をクリックすると、LightToolsの役割が確認できます。

製品開発・設計サイクル 開発 設計 解析・分析・評価 試作・実験
この工程におけるユーザーの利点
● 知的財産の蓄積
● ノウハウの共有
● 開発コストの削減