コラム「Goldfireで何ができるのか?」バックナンバー

2012.4.23熱電変換の効率は? −パラメータ値を簡単に調査する−

変換効率や薄膜の厚さ、耐熱温度など、数値が意味を持つ場合があります。
自動車の燃費のように、技術の進歩が数値の大小に反映される場合も多くあります。
さて、「熱電変換の効率ってどれくらいなんだろう?」と思ったとき、どのようにして調べますか?

Goldfireであれば、クエリを入力するだけでOKです。

例えば、「熱電変換の効率はいくらか?」というクエリに対して、検索結果には「10%」「5%前後」「20〜35%」などといった「数値そのもの」がその引用文献と共に列挙されてきます。

一般的に知られているパラメータ値であれば、文献やWeb上を読みながら見つけられるかもしれません。では、特許の中から様々な数値の事例を集めたい場合や、なじみの無いパラメータだった場合には、どれくらいの手間がかかるのでしょうか?

そんなときはGoldfireに「〜はいくらか?」と聞いてみてください。

▼今回使ったGoldfireの機能は...「ナレッジナビゲーター」▼ http://www.cybernet.co.jp/goldfire/products/research.html#04

バックナンバー一覧に戻る

 

 

イノベーションを支援するGoldfireとは Goldfire ご紹介/体験セミナー 製品カタログやテストケースなどをダウンロードできる専用のフォームを用意しています。
お問い合わせ。