FAQサンプル(サポートサービス): 環境変化オプションでは屈折率や膨張の温度変化をどのように計算していますか?

質問

タイトル(要点) 環境変化オプションでは屈折率や膨張の温度変化をどのように計算していますか?
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > 解析 > その他の解析 > 環境変化
本文 環境変化オプションでは屈折率や膨張の温度変化をどのように計算していますか?

回答

本文

CODE Vでは、温度変化に対して「線形」変化することを前提に計算しています。
この際使用される温度変化係数(dN/dT、dL/dT)は、ガラスカタログ内の値が使用されます。 

温度T [deg]における屈折率をN(T)、温度変化係数を(dN/dT ) [/K]、温度変化をdt [deg]とすると、以下の式に従い計算が実行されます。
--------------------------------------------------
N(T+dt) = N(T) + (dN/dT)*dt
--------------------------------------------------

膨張の場合は以下の通りです。
------------------------------

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能