FAQサンプル(サポートサービス): 光線追跡エラーが出た場合にはどうしたらいいのですか?

質問

タイトル(要点) 光線追跡エラーが出た場合にはどうしたらいいのですか?
カテゴリ CODE V FAQカテゴリ > その他 > エラー・ワーニング
CODE V FAQカテゴリ > 設定 > モデル操作
本文 光線追跡エラーが出た場合にはどうしたらいいのですか?

回答

本文 以下の方法で光線追跡エラーが生じている面を探し、光学系の修正を行ってください。

1. 断面図で光学系を通過する光線だけで描画し、視覚的に確認を行う
  (例) vie;fan yz 11;fan xz 11;cab;go
    (cab:光線通過範囲のみを描画する指定)

2. REFCHECKマクロを実行し、どの面でどの画角の参照光線にエラーが発生しているかを確認する。

CODE Vサンプルマクロ”refcheck.seq”を使用すると、どの画角のどの参照光線が、どの面 でエラーを起こしているか、を調べることができます。コマンド、GUIからの実行手順は 以下の通りです。
入力シーケンス in cv_macro:refcheck.seq
GUI ツール>マクロマネージャ>CODE Vサンプルマクロ >ユーティリティ>\CODEVXXX\macro\refcheck.seq

...続きは技術サポートサイトよりお読みください。

ここでは、質問や回答の一部のみを掲載しています。続きは技術サポートサイトにアクセスし、タイトルをFAQ検索してお読みください。

保守契約またはレンタル契約しているお客様ならユーザー登録を行っていただければ、すぐにご利用いただけます。
技術サポートの詳細についてはこちらを参照してください。

技術サポートサイトの特徴
  • 多数のFAQや技術資料、ドキュメントを随時公開
  • 様々なサンプルモデルやサンプルマクロがダウンロード可能
  • 技術的な質問の受付と技術スタッフからの回答(外部非公開)
  • ユーザーごとに過去の質問と回答の履歴閲覧が可能