セミナー情報

現在開催中のセミナーは以下の通りです。開催が決まり次第、随時、本ページでお知らせします。

紹介セミナー | 特別セミナー

紹介セミナー

PCB製品開発エンジニアのためのSI、PI(DC Drop)、EMI、熱解析体験セミナー

本セミナーでは、PCB製品開発におけるSI、DC Drop、EMI、熱といった問題をテーマに、それぞれの課題と解析ソリューションの特長に触れていただきながら、その解析手法を実習して頂きます。

こんな方におすすめ
・基板開発の生産性をさらに高めたい方
・基板設計上の問題を早期発見し未然に対策を実施したい方
・基板設計での最先端の解析環境(ツール)を体験したい方

「PCB製品開発エンジニアのためのSI、PI(DC Drop)、EMI、熱解析体験セミナー」の詳細について

電気システム設計解析ツール体験セミナー

本セミナーでは、「VHDL-AMS」の基本的概念およびモデリングの例を通じて、その特長に触れながら、マルチドメインに対応するモデリング/シミュレーション・プラットフォームとして「VHDL-AMS」をサポートする、Mentor Graphics社の「PADS AMS」を使用し、DCモーターの制御システム検証への応用を例に、基本解析からモデル・パラメータがバラつきを含んだ場合の信頼性解析手法を体験いただきます。

こんな方におすすめ
・電子機器の設計や検証に携わる方
・インバータやモーターの駆動系の設計や開発に携わっている方
・電気/磁気/モータ等の駆動系/熱などの複数の設計ドメイン間を結合したシステム設計やモデリング開発に携わっている方
・部品や設計パラメータのバラつきの特性への影響を効率的に評価したい方

「電気システム設計解析ツール体験セミナー」の詳細について

PADS VX 体験セミナー

本セミナーでPADS VX を体験いただき新しい設計環境効率化への可能性を体感してください。

こんな方におすすめ
・基板開発の生産性をさらに高めたい ・基板設計上の問題を早期発見し早期に対策を実施したい
・設計コストは出来るだけ抑えたい
・設計の履歴をしっかりと管理したい

「PADS VX 体験セミナー」の詳細について

特別セミナー

高パフォーマンスを低コストで実現!
PADS 最新版が提供するPCB設計/解析統合環境
〜PADS U2U 2017〜

セミナー紹介テキスト

こんな方におすすめ
・設計環境の効率化(部品や設計情報の取得など)に課題を抱えてる方
・解析環境をすばやく立ち上げたい方
・最新のCAD情報を取得したい方

「高パフォーマンスを低コストで実現!PADS 最新版が提供するPCB設計/解析統合環境 〜PADS U2U 2017〜」の詳細について

終了した特別セミナー

サイバネットが提供するミッドレンジPCB設計ソリューションセミナー 〜PADS World Tour2016〜

本セミナーでは、最新の電子機器製品を設計するエンジニアが直面している課題について取り上げます。
価格や設計ツールとの統合などシミュレーション技術の導入障壁を取り払い、エンジニアの課題克服を支援する新たなコンセプト「PADS Product Creation Platform」について、メンター・グラフィックス社がユーザ事例を交えて講演いたします。
サイバネットからは、新しいPADSをフル活用するための環境構築へ向けた課題と解析ソリューションについて当社独自のノウハウを含めて講演いたします。

こんな方におすすめ
・設計環境の効率化(部品や設計情報の取得など)に課題を抱えている方
・解析環境をすばやく立ち上げたい方
・最新のCAD情報を取得したい方

「サイバネットが提供するミッドレンジPCB設計ソリューションセミナー」の詳細について

電気回路/基板設計 解析体験セミナー
〜教育機関向け シミュレーション体験セミナー〜

本セミナーでは、ものづくりでのCAEの役割を理解いただき、特に電機/情報/車載機器に搭載される電気回路、および基板設計に使用される最新の設計/解析ツールを操作していただくことで、それらを体感していただきます。

こんな方におすすめ
・シミュレーションの活用方法を検討されている方
・授業へのシミュレーション導入を検討されている方
・大学・高専・高校等で理工系教育に携わっている方

「電気回路/基板設計 解析体験セミナー」の詳細について

最新のPADSで実現する高速高密度基板設計!
〜IBISモデルの活用と最新のPADSテクノロジーの融合とは〜

本セミナーでは、最新バージョン PADS Professional / PADS Standard Plusのご紹介とPADSをお使い頂いているユーザ事例のご紹介、SI解析を実施していく上で必要不可欠なIBISモデルの運用方法についてご紹介させていただきます。

こんな方におすすめ
これからPCBの伝送解析、SI、PI、EMI解析を検討されているお客様
今後伝送線路解析を取り組まれる方
IBISモデルの運用方法に課題を抱えている方

「最新のPADSで実現する高速高密度基板設計!」の詳細について

DDR4を題材とした高速基板設計のノウハウセミナー

2016/6/9(木) 名古屋
本セミナーでは、KEI Systems 前田 真一様をお招きし、DDR4を中心とした設計やシミュレーション、さらには電磁界に関する知識を得ることで、高速基板の一発完動を目指す設計者の皆様を支援することを目的としています。
また、実際にHyperLynx SIを用いてDDR4搭載基板を解析することで、JEDEC規格に準拠したDDRx Batch Wizardによる最新の解析機能ならびに短時間でDDR4のJEDEC規格に対する検証を完了させる手法をご紹介します。

「DDR4を題材とした高速基板設計のノウハウセミナー」の詳細・参加お申し込み

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ