電子機器のためのライトパイプ設計

電子機器では、機器の状態を知らせるインジケータ、光るボタン、暗いところでの照明、デザインなどの用途でLEDが使われています。
LEDはプリント基板上に実装されることが多いため、そこからの光を機器のケース外に伝えるためにライトパイプが多く使われています。
ライトパイプは、全反射を利用して入射口から出射口まで光を伝えるプラスチックで作られた部品です。

以下の例は、車載用のインジケーターランプです。LEDの光がライトパイプを伝って表示パネルに到達します。当然、人がパネルを眺めた際に均一な光り方をしているのが望ましいですが、ライトパイプに十分な設計が施されていない場合は光り方にムラ(輝度ムラ)が発生してしまいます。このような場合、光学ソフトの最適化機能を利用して、ムラを軽減する設計が実現できます。


Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
多種多様な光デバイスの設計評価に役立つツールをご提供いたします。
3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」
ヘッドランプ、車内照明、空間照明、医療機器、カメラ
自動運転車シミュレーション「Ansys AVxcelerate」
ADASセンサー、ドライビングシミュレーター、ヘッドランプ
フォトニクス解析ソフトウェア「Ansys Lumerical」
ナノ光デバイス、光半導体、レーザー、光ファイバ、光システム
光学設計ソフトウェア「Zemax OpticStudio」
運転支援カメラ、携帯電話/パソコン用カメラ、航空機用外部照明、ヘッドライト、レーザプリンタ
耐久試験測定器「Litos」
太陽電池、OLED
夏季休業のお知らせ   休業期間:8月6日(土)〜8月14日(日)、業務再開日:8月15日(月)