LEDコリメータ(TIRレンズ)の設計高速化ソリューション

LEDコリメータレンズ(TIRレンズ)の課題

LEDコリメータレンズ(TIRレンズ)とは、LEDからの光の方向を整えたり、光利用効率を向上する目的で使用される光学デバイスです。室内で使用されるLED照明をはじめ、車載照明や光学測定器など、様々な製品内で用いられています。
広く用いられている光学デバイスですが形状が複雑であり、モデリングに手間がかかるとお悩みの方が多いのではないでしょうか?本事例はそのお悩みの解決をサポートします!

LEDレンズ機能を活用したLEDコリメータレンズの設計高速化

本事例でご紹介するLEDレンズ機能を活用すると以下のメリットが得られ、従来よりも少ない試行錯誤で目的のLEDコリメータレンズを作成できます。

  • 初期形状を即座に作成可能
  • 製造性を考慮したパラメータをも任意に変更可能
  • 集光、平行光、拡散光の全てを簡単な操作で実現可能

資料内では具体的なLEDレンズ機能の動作をご紹介しており、実際の設計の流れをご理解いただきつつ、短時間で設計が行えることを実感いただける内容になっております。



(1)本ソリューションの開発におけるメリット

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • LED光源やLEDデバイスの開発、設計、評価に関わる方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

LED照明機器設計のための計測とシミュレーション
自由曲面レンズ設計と試作事例

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ